2021年07月26日

五頭連峰縦走路にチャレンジ!





皆さん、今月の4連休は如何お過ごしでしたか。



私は仕事と家事を行う日もありましたが、いつものトレラン仲間と五頭連峰へ山行に行きました。




当初は最も定番そうな旧スキー場登山口から登るつもりでしたが、主要道路からの入り口を見失い、結局、五頭連峰の南端である宝珠山の赤松山登山口から登り、五頭山へ向かう縦走路を進むことになりました。


登山口〜赤松山〜八咫柄山〜宝珠山までは余力を持って到達しました。


宝珠山山頂から阿賀野川を望む眺めです。
image0.jpeg



宝珠山山頂で記念写真。
14447698402320.jpg



ここからみると五頭山に向かって幾つもの山が鎮座していること判ります。
image1.jpeg



宝珠山〜大蛇山〜野須走までのトレイルは手入れがされていて軽快に進めましたが、野須走〜菱ヶ岳までのトレイルは草むらで荒れていて、丸出しの太腿が一気にかぶれてしまいました。


14447698462695.jpg
また、こんな感じの急登も多くて菱ヶ岳に着くまでに一気に体力を消耗してしまい、菱ヶ岳で暫し休憩の後、来た道を戻ることにしました。



帰り道では脚が疲れていましたが、無事に元の登山口に戻ることが出来ました。
往復距離は約16km、獲得した累積標高は約1200mでした。

急登が多かったので累積標高はもっと行ってるかと思いましたが、それ程でもありませんでした。多分気温32℃以上の暑さによる疲れもあって辛く感じたんでしょうね。




今回、携帯した水が少し足りなかったので、今後はもう少し余分に持参しようと思います。また、初めて登る山はトレイルの状態が不明ですので、手足をなるべく露出しないようにします。次回、五頭連峰に行く機会があれば、今回行けなかった菱ヶ岳より先の五頭山や松平山に登ってみたいです。







令和3(2021)年7月26日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:29| 日記

2021年07月19日

新潟市新津は暑かった!





昨日、トレイルランナーズカップ新潟2021のロング13kmに参加しました。


今回で14回目の大会だそうです。第1回大会では僅か20名程度の参加者だったそうなのですが、昨日のロングは383人と大盛況でした。

IMG_2764.JPG


ゼッケン番号は後ろから数えた方が早く、私の前には330人以上の選手がいました。

12:30のスタートでしたが3人ずつのウェーブ形式でしたので、自分がスタートした時には既に13時でした。



そこから1周目はゆっくりペースで入りましたが、下りでは少し急ぎたいときでも細いトレイルは大混雑で抜くに抜けない状態でした。






2周目も登りでは余り頑張りませんでしたが、後半の下りではようやくエンジン全開になり、ゴールまで行っちゃいました。ゴール前200m程度のロードは全力疾走でした。

10__Z721281.jpg
(画像はトレイルランナーズ・スタッフ千葉さんの許可を得て掲載しております。)




疲れ切っている他の選手と比べ、余りの全力疾走ぶりにゴール周辺の方も笑っているのが判ります。

写真の己の姿を見ると、娘が言ったように確かに亀仙人の甲羅を背負ったベジータのようにも見えるかも(笑)。

因みに大会のフォトアルバムに掲載されている私の写真は少なくこれ一枚だけです。人によっては4〜5枚も写っているときがあるのですが、被写体が悪いのかなぁ。


・・・と思っていましたが、フォトアルバムを再検索していたら、トレイルを走る自分の写真を見つけました!

8__Z720534.jpg

今回は笑っています。
まだソフトフラスクに水が入っているので、まだ1周目の写真です。




ゴール後も少しだけ余裕があったので、2周目の坂道も歩かずもう少し踏ん張れば良かったと思いましたが、酷暑の中で、その時々自分の体と相談しながらの判断なので仕方がありません。


記録は1時間37分台、順位は383人中、総合41位(男性38位)でした。詳細はこちら


私の前に早い女子が3人もいらっしゃいました。女子の部だったとしても入賞できませんね。



でも、今回は転倒も無かったので良かったです!





また、同年代のトレラン仲間がまた増えました! 
今度みんなで山登りに行こうなんて話になりました。

トレランレースはロードレースに比べ、終了後、みんな暫く残って後からゴールする選手を応援したり、話したりすることが多い気がして、それ(socialize)が楽しみともいえます。


当日の新津の最高気温は34.3℃(11:50)にまで到達で、レース中は1.5Lも水分補給が必要になりました。

あっちぇかったです!





主催者様には予定には無かったエイドステーションを急きょ用意していただき、有難かったです。


主催者の松永さんを含め、当日、炎天下の中で交通誘導やコース誘導などをして頂いた運営スタッフの方々に感謝申し上げます。






令和3(2021)年7月19日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:00| 日記

2021年07月15日

ドラゴンボール?





ロードランニングにハマっていた頃、ギアには無頓着でした。
必需品はウェアとシューズくらいで、レースに出てもタイムを確認してさっさと帰ることが多かったからかも知れません。



一方、トレイルランニングの場合はレースによって数種類の必携品を用意しなければなりません。また、レース中やレース後でも選手と話す機会が多く、ギアの話にまで及ぶことがあります。


こうした事情からか、トレラン用のギアに少し関心が出てきました。




自宅でトレランのギアを身に着けていたら、長女から、
『ドラゴンボールみたい』って揶揄(からか)われました。


背中のリュックが、孫悟空やクリリンが身に着けていた『亀の甲羅』に似ていたようです。また、最近、短く切った髪のせいで『ベジータ』にも似ていたそうです。(^_^;)


さらに、首の日よけに買ったサンシェード付きの帽子を被っていたら『蜂の防護服を着たおじさん』だとも言われました。(゚Д゚;)






なかなか面白いことを言う娘です。









令和3(2021)年7月15日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:30| 日記

2021年07月12日

ボランティア活動への参加





トレイルランニングを始めてから、トレイルコースが好きになり、トレイルを保全するボランティア活動に参加することにしてみました。

週末、時折、酷い雨に打たれながらも、階段を補修したり、草刈りを行いました。

p7113064.jpg

p7113065.jpg

p7113070.jpg



趣味が徐々に広がっていく感じで楽しいです。






令和3(2021)年7月12日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 17:43| 日記

2021年07月09日

重たい案件が終わり…





数ヶ月前から着手していた案件(重たい案件)を幾つか抱えていましたが、そのうちの1件を、昨日ようやく出願できました。少しほっとしました。


また、かなり推敲したもう1件重たい案件も今週中に終わらせられれば最高です。
(来週は県内出張も沢山入ってるので、やりきりたいです。)


そうすれば、良い週末を迎えられそうです。






あと半日頑張ります!






令和3(2021)年7月9日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 13:44| 日記

2021年07月08日

スカイランニングって知ってますか?






トレイルランニングと一言で言っても、年々スポーツとして浸透してくると、様々なカテゴリに分類されてきました。




例えば距離によってショート、ミディアム(ロング)、ウルトラと分かれています。

また、累積標高等の観点から、スカイランニング(スカイレース)やバーティカルといった競技種目もあるようです。




なお、「スカイランニング」の定義について調べてみると、日本スカイランニング協会(ISF)ホームページに以下のような記載を見つけました。



『山岳(超高層ビル)を空に向かって駆け登るスポーツのこと』
 オええがく〜(落胆した顔)


『つまり、FAST&LIGHTなスタイルの快速登山です。ISFの定義では、傾斜30%を超える部分を含み、登攣難易度U級 (※三点支持を要する)を超えない範囲とされています。前進する補助としてストック、アイゼンや手を使うこともあります。レースによってはヘルメットや手袋などの装備が必携とされることもあります。』


『スカイランニングの競技種目は、時間・距離・特性に応じて7つに分類されています。日本選手権ではSKY・ULTRA・VERTICAL・SPEED・SKYSNOWの5種目、世界選手権ではSKY・ULTRA・VERTICALの3種目が実施されています。』

例えば
『SKY(スカイ)の場合は中距離レース/累積標高差1300m以上/距離20km-49km』
だそうです。





こうしたスカイレースが新潟の魚沼市でも10月に開催されることになりました!
詳しくはこちら





スカイレースは私にとって未知の世界なので、エントリーするか、暫し検討中です。



また、数年前のことですが、同じ地域でエントリーした魚沼コシヒカリマラソンが、秋の熊出没で中止になった経験もあるので、少し様子見する予定です。


興味津々の中年オヤジでした。





令和3(2021)年7月8日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:15| 日記

2021年07月07日

体重管理の続き




まだ、減量のためダイエットに取り組んでおります。



前回の報告で第1通過点はクリアしましたが、第2通過点にはあともう少しです。

第2通過点をクリアしたら、第3通過点と最終目標に向かって頑張ろうと思います。



成果は徐々にしか現れませんし、少し不摂生するとリバウンドもあります。



私は性格的に割とストイックに長く続けられるタイプなので、
数年単位で長丁場で徐々に落していければと考えています。





令和3(2021)年7月7日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:54| 日記

2021年07月06日

散髪






先週末に床屋で散髪してもらいました。



「どのぐらいに切りますか?」と尋ねられたので、


「(髪が)耳にかかるくらい」と答えたのですが、


かなりザクザクと切られました。



家内や従業員さんからも「随分とさっぱりしましたね。」と言われました。


確かに、両サイドの髪の毛は5〜6mm程度まで短くなったのではないでしょうか。


全然、耳にも架かってないし、 

ちょっと切り過ぎやないかい、

と言いたくなりましたが、


夏だし、まぁ短いぐらいがいいか


と諦めました。



取り上げるに足りない位の日常茶飯事でした。



令和3(2021)年7月6日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:51| 日記

2021年07月01日

暑中見舞いの準備






今日から7月に入りました。

さすがに日中、暑くなってきましたね。



例年7月になると、弊所では暑中見舞いを作成して顧客へ差し上げています。

つまり、暑中見舞いと年賀状とで年2回、お客様へ書面のご挨拶をしております。

この習慣は開業して13年位、ずっと(なんとか)続けています。



今年の分もデザインとメッセージを決めて、先日、約300枚、注文しました。

そして、今日納品されました。


こんな感じです!

IMG_2726.jpg



メッセージについてはオリンピックやウイルスについても触れたいと思いましたが、先が読めないので、シンプルな内容に留めておきました。



今後はラベルを貼ったり一言を入れたりして、土用が明ける立秋前に全てを投函する予定です。(早ければ、今月中に完了したいです。)




今年も喜んで貰えるか、楽しみです。






令和3(2021)年7月1日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:30| 日記

2021年06月30日

今年1年の折り返し






今日は6月末ですね。今年1年の前半から後半への折り返し点です。


今朝は、従業員さんへの給与のお支払いを第一優先に行いました。
(今期の賞与もいつもどおり払えました。)


売上げが大きく下がらない限りは毎回同じような待遇を提供するつもりです。




後半以降も頑張っていきましょう。




令和3(2021)年6月30日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:44| 日記