2022年01月24日

雪の五頭山へ





今回の週末は、丘陵公園のスノーシューをお休みして五頭山に行ってきました。

IMG_3671.jpg



今まで私は雪山には弥彦山と角田山しか登ったことが無く、これらの越後西蒲の山々は海沿いですので積雪量は20〜30p程度でそれ程でもありませんでした。

しかし、今回の五頭山の積雪量は1mはゆうに超えてましたので、チェーンスパイク(軽アイゼン)を履いても登っていくのが大変でした。もっと突出量の長いしっかりしたアイゼンを購入・装着した方が良いように思いました。





当初の予定では三ノ峰まででしたが、多くの登山客が本峰まで登っていましたので、我々も本峰まで登頂しました。

IMG_3668.jpg

IMG_3670.jpg



当日の天気は快晴で登山客も多く、駐車場も一杯でした。


上りは登山でしたが下りはトレランで駆け下りて行きました。同行の方が、怖いもの知らずの子供のように駆け下りたので、私の方は付いていくのが精いっぱいで、そのスピードに少しドキドキしました。(^_^;)




DSC_0068.JPG

一番後方に写っているのは私です。
自分を後ろから見ることは普段ありませんが、太っているようには写ってないのでホッとしております。日々の鍛錬の成果でしょうか。





帰りは村杉温泉の共同浴場で汗を流しました。

その隣の薬師堂にも参拝し、次回も登山の安全を祈願しました。


IMG_3675.jpg





この日も筋肉が鍛えられたように思います。






令和4(2022)年1月24日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:52| 日記

2022年01月20日

2月開催のセミナーのお知らせ






さて、私が担当する2月開催の知財セミナーが告知されましたので、ご案内します。

詳細はこちら(新潟商工会議所HP)。


当日は、会場でもオンラインでも参加可能です。
ご興味ある方は是非申し込んでくださいね。




只今、講演資料作成中です!






令和4(2022)年1月20日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:38| 日記

2022年01月16日

野兎の足跡







今週末もスノーシューとボランティアをしたくて、越後丘陵公園に行ってきました。
IMG_3652.jpg




平日のうちにまとまった雪が降ったので、積雪50cmになっていました。
スノーシューするには充分な積雪量でした。


小倉峠ではもっと積もっていました。
IMG_3641.jpg



スノーシューコースは開園時間を過ぎると徐々に足跡が付いて雪が締まってきます。でも、エスケープルートは未踏の状態ですので、ザクザクと踏み入れることができて楽しいです。


ところで雪道に誰かのスマートフォンが落ちていたのを発見しました。それを拾って管理事務所に届けました。落した方も探していたようで喜んでおられました!





途中で野兎の足跡も発見しました。前足はそれぞれ着地し、後ろ足は同時に着地するため、前後に一つずつ足跡が付き、最後に2つの跡が左右に付くんだそうです。
IMG_3639.jpg






一方、新潟市は雪が解けて防水シューズでなくとも走れる状態になりました。
下の写真は海岸近くの翌朝の朝焼けです。
IMG_3658.jpg






令和4(2022)年1月16日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 17:33| 日記

2022年01月12日

同窓会誌への寄稿掲載






卒業した大学の同窓会誌に拙稿が掲載されました。
詳しくはこちらの第17頁。



実は去年にある団体からの推薦(依頼)があり、これを受けて5月の連休にせっせと原稿を書いたのでした。


大学当時の思い出と、卒業から今に至る(波乱万丈な?)経緯を書いてみたかったのですが、書面(字数1000字以内)の制限もあって初稿の内容から大分絞らざるを得ませんでした。


同窓生には正月明けに届いたようで、私を知る同窓生の何人かや当時の指導教官から「当時を思い出した」とか「楽しく読んだよ」とのお言葉を頂きました。最初は面倒だなとか、少し恥ずかしい気もしましたが、こうして形になると今回の寄稿の機会を頂いて良かったです。


何事も機会を提示された際に、なるべく積極的に受ける(挑戦する)ことを心掛けています。






令和4(2022)年1月12日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:50| 日記

2022年01月08日

初スノーシュー!







先日届いたばかりのスノーシューを試したくて、越後丘陵公園に行ってきました。
IMG_3601.jpg





早速、スノーシューデビュー。
IMG_3604.jpg








越後丘陵公園では、冬季にスノーシューコースが用意されています。
IMG_3617.jpg


夏はトレイルが見えますが、雪が降るとトレイルは隠れてしまいます。

そこで私も含めボランティアはコース一周とエスケープルートに対し、一般客が来る前に先に足跡を付けるのが仕事です。足跡が残っていれば安心できますよね。

この他、倒木又は落ちそうな枝が無いかを確認したり、進路が判りにくい場所の木々にマーキングテープを付けたりもしました。







エスケープルートを降りると、平地が広がります。
IMG_3615.jpg







こちらは小倉峠からパシャリ。
IMG_3609.jpg



スノーシューを装着していても、歩くたびに雪にある程度踏み込むため、比較的短い距離でもハードなトレーニングになりました。







また帰りに少し時間があり角田山に立ち寄ると、海も穏やかで景色が良かったです。
IMG_3619.jpg

こちらは中腹から山頂まで圧雪状態でしたのでチェーンスパイクが必要でした。











折角の連休でしたので、早起きして積極的に外に出て気分転換をしてみました。







令和4(2022)年1月8日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月07日

冬用ギアが続々と





雪山に登るため、先月、チェーンスパイクを購入しました。
アイスバーンの雪山では制動効果を発揮してくれることを実感しました。



次は深雪にも対応できるギアも欲しくなりましたが、何せ全くの未経験者ですから、何を買ったらよいか、更には、どのブランドの、どのタイプのものがよいか…など、大変迷いました。



先ずは、トレラン仲間の何人かに相談し、オススメ情報をGET!
ここで、複数の方から同じものをお勧めされたら即買いですね。


その後、実際の商品を販売しているショップの店員さんにもお話を伺いました。

おススメされたものと違うギアを提案されて迷う事もありましたが、実際に雪山に登って使用している仲間からのおススメ商品を最終的に選択しました。




そうこうして今回ようよう仕入れた商品を紹介します。




先ずは、ゲイター(スパッツ)です。

IMG_3597.jpg

ロングタイプをおススメされましたが、軽くて走りの邪魔にならず、夏の砂塵や砂利の侵入防止にも対応できそうなものを選びました。








それから、防水性や保温性の高い高機能グローブ(ミトン)です。

IMG_3598.jpg


雪山縦走やLSD(ロングラン)に使えそうです。

この時期、新潟市内を1時間以上走ると指がカチンコチンに冷えてしまって、自宅に戻っても暫く手が悴んでしまっていましたので、いい物が無いかと探していました。


出来れば、既に所有の上下のレインウェアのブランド(TNF)と合わせたかったのですが、アウターにゴアテックス素材を使っている点と、指先が三つに分岐して操作性が良さそうである点、インナーのミトンが温かそうな点からこちらを選びました。

IMG_3600.jpg









お次は、フリースベストです。

IMG_3590.jpg

トレランの場合、冬の季節には、通常のレインウェアと下着との間に、保温性の高い中着を着込むようです。インターネットで検索してみると、この間にフリースベストを身に着けるのが良いと知り、試しに購入してみました。


とても温かいので、仕事の際にも重宝しています。










今回最後の目玉商品は、スノーシューです。

IMG_3593.jpg

IMG_3594.jpg


商品名は「スノーラン」で、商品名からも雪山を走るのに適していそうです。

雪山に足繁く通って使いこなせるようになりたいです。

このように、中年のおじさんでも、雪との戯れを楽しめそうです。








趣味にはなりますが、今年も新たな方面に挑戦する準備が出来ました!








令和4(2022)年1月7日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 12:32| 日記

2022年01月04日

本日より営業します。





新年、明けましておめでとうございます。


弊所は本日より仕事初めです。
初日は年賀状を含め冬休み中に届いた郵便物の内容確認や期限案内などを行います。そして徐々に着手中の案件に取り掛かるつもりです。

今年は余り追い立てられずに仕事を進められたらいいな…と期待しています。
(毎年その願いは叶っておりませんが…(^_^;))



なお、年末年始は余り遠出もせず、自宅や近所界隈で静かに過ごしました。


仕事納めの日は普段掃除出来ないブラインドを取り外して拭き掃除をしました。

IMG_3567.jpg


また、正月太りのリスクを減らすため角田山にも新年初登山もしてきました。

IMG_3587.jpg

IMG_3588.jpg



本年もよろしくお願いいたします。






令和4(2022)年1月4日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:40| 日記

2021年12月30日

越後カントリートレイルGPS TRAIL RUN





先日(クリスマスの時期になりますが)、プレゼントが届きました。



記念ティーシャツと完走証明書が入っていました。

IMG_3486.jpg

IMG_3485.jpg




差出人は5月にレースが中止になった越後カントリートレイルの事務局でした!


このコースは2年連続の中止のため選手等が足を踏み入れることが少なくなり、
トレイルが荒れてしまったそうです。




そのため、トレイルランナーに走ってもらおうと、10月頃にGPS TRAIL RUNが企画されたのでした。詳しくはこちら



自分もそれに参加し、完走したので、今回、参加賞が届いたわけです。


当日は22kmのコースを走りました。初めてのコースだったので、よく判らずに2.5kmのコースも走ってしまいました。
22kmのコースでもコースアウトが何回かありましたが、無事完走しました。





当日の様子を何枚かご紹介します。


スタート・ゴール地点
IMG_3303.jpg


スタートから7〜8kmは、ほぼロードでした。そして砂利道からトレイルへ。
IMG_3309.jpg


ようやくトレイルに入った。
IMG_3314.jpg


63kmコース(城山への)分岐点あたりの見晴らしの良い地点です。
IMG_3316.jpg




また、来たいです。





令和3(2021)年12月30日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:02| 日記

2021年12月29日

静岡・大井川 Trial Marathon





静岡出張のついでに、フルマラソンにも参加してきました。

第7回静岡・大井川 Trial Marathonでしたが、よくもまあ、この年末の押し迫った時期に開催してくれました!

大井川の島田市側の河川敷(リバティ)での周回コースでした。

IMG_3535.jpg



スタートから川上に向かって5km北上し、折り返して5km南下するので1周10kmです。
これを4周回と距離調整の折り返しをすることで42.195kmとなります。


当日は前日の気温よりも5℃以上下がり、最高気温が約5〜6℃でした。
日本海側では寒波が襲来していたこともあり、静岡でも強風となりました。



ランネットの大会レポでは、西からの強風と寒さで挫けそうになったとのコメントが多く寄せられていました。確かに寒風が厳しく、アップの最中トイレにも何回も行きました。



でも新潟の雪交じりの雨や暴風雪の中でいつも走っている自分にとっては、まだまだ「なんのこれしき」と思って走りました。「雨が降らないだけ、いーじゃん」と心に少し余裕もありました。

新潟での過酷なトレーニング環境で、どMランクが大分上がったようです。(^_^;)






ウェーブ式のスタートで、いよいよ始まりました!

司会のお姉さんの楽しい掛け声も、選手のやる気を奮い立たせてくれました。
会場での音楽はzardの「負けないで」で当初は良かったのですが、お経のようにずっとリピートしていました!




出だしの1キロのラップが4分58秒でした。


サブ4を切ったことが無い自分にとっては少し早いか。
サブ4のランニング友達から「最初の10kmは5分20秒くらいで抑えて行けば、ペースダウンすることなく切れるよ」とのアドバイスがあったからです。



ただ、自分の頭の中では、風は吹いててもこのコースはアップダウンが少ないから、5分前後で刻んでみようとチャレンジしてみました。

なぜなら、10月の津南ウルトラマラソンでは64km(16km×4周)走りましたが、その時に累積標高が1620mもありましたし、約42kmを4時間20分位で通過していたからです。



向かい風の影響もありましたが、10km、20kmと進んでも、4分50秒〜5分15秒/kmの範囲で順調にラップを刻んでいきました。



フルマラソンではよく30kmの壁の話が出ます。
私も数年前のフルマラソンでは30〜35kmを過ぎた辺りから、脚が上がらなかったり、脚が攣る症状が出ていました。



しかし、今回は40kmを過ぎても同じペースで顔を上げることなく走れました。


おそらくウルトラマラソンやそのための練習でフルマラソンと同程度以上を走り込みましたし、トレランで激坂のある山々を長い距離走ったりしたので、30kmの壁が自分の中で自然と無くなってしまった気がします。




そして、最後のトラックではゴールまで全力疾走でした。最後の数キロでは追い抜くことはあっても、追い抜かれることは無かったので良かったです。

3835.JPG




結果は3時間33分と、自分としては上出来でした。


こちらは記録証です。

211226 record2 .pdf


ゴール後は、楽しい司会のお姉さんと記念撮影!

IMG_3534.jpg



また参加賞としてティーシャツとスポーツドリンクの他、完走メダルも頂きました。

IMG_3551.jpg





でも人間って欲が出るもので、あと3分以上短縮できれば、サブ3.5だったのにと次の目標が出来ました。

総合順位でも848人中409位と、ほぼ真ん中の月並みな順位でしたので、次は300番台を取りたくなりました。



アラフィフのオジサンでも目標ができました!

楽しみながら頑張ろう!





令和3(2021)年12月29日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:33| 日記

2021年12月28日

年末の静岡出張




新型ウィルスもまだまだ油断できない状況ですが、今のところ感染者数も低く抑えられていることから、実家のある静岡へ出張することにしました。



新潟市を午後過ぎに出ても静岡に着く頃には既に真っ暗になっていました。


東海道新幹線で静岡駅で乗り換えの列車を待っていると、「ドーン」という音とともに花火が見えました。どうも安倍川あたりで花火が上がっていたようです。

IMG_3489.jpg



実家に戻ると、我が懐かしの味、静岡おでんが待ってました。

IMG_3509.jpg


鰹節ベースのおでんの粉をふりかけて、美味しく頂きました!





翌日は出先を回る前に早朝ランを敢行!

快晴の下、実家近くの川沿いの土手をたらたらと走りました。
新潟の真冬に不要な帽子とサングラスを持ち忘れた事を後悔しました!

IMG_3512.jpg

この川には東海道新幹線をも跨ぐ大規模な橋梁も架かっておりますが、昔ながらのちっちゃな橋も未だに残されています。橋の両側に手摺が無いので、走るのは止めてそろりそろりと歩きました。

IMG_3514.jpg



新潟の山を走ると熊やイノシシ注意の看板を見つけますが、静岡では「マムシ注意」の看板を見つけました。

IMG_3519.jpg

どれもお目にかかりたくない動物たちですけどね。




静岡に来たら是非立寄りたいのが「ステーキのさわやか」です。
私の子供の頃から既にチェーン店を幾つか出していましたが、今や静岡県全体に展開しており、その知名度は全国区になっているようです。

やっぱり看板メニューの「げんこつハンバーグ」を注文しました!

IMG_3530.jpg




帰りの新幹線では、朝日に照らされた霊峰富士がお目見えしました。

IMG_3558.jpg



その後、東京を経由して新潟へ。


トンネルを抜けると、そこは雪国でした。

IMG_3566.jpg






実家の静岡も、雪国新潟も、自然豊かでどちらも大好きです!






令和3(2021)年12月28日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 12:07| 日記