2020年05月28日

三国志から魏志倭人伝へ



さて、最近の外出自粛で、読書の時間が増えました。


学生時代の社会や歴史の教科で、単に書籍名だけ暗記していた
「三国志」(かなり読み易そうなもの)を図書館から借りて
全巻、読み終えることができました。


「三国志」を読んでいろいろと豆知識が増えました。

三国志の英雄たち(三傑)は、日本の卑弥呼の時代とかぶっているようですが、
三傑の方が一世代(約20〜30年くらい)早く生まれ、活躍していたようです。


また、大学生の頃、横浜中華街に遊びに行ったときに通り過ぎた關帝廟が、
三国志に登場する関羽(關聖帝君)を祀っていることを初めて知りました。
(中国の方なら当たり前の事かも知れませんね。)





また、「三国志」の付録の部分では「魏志倭人伝」にも触れられていたので、
「倭人伝」についても興味を持つようになり、今度は、
「倭人伝を読みなおす」(ちくま新書 森浩一著)を読んでみました。


「魏志倭人伝」は単独の書物では無く、三国志の中の魏の国について紹介した
「魏書」の一部分を取ったもので、より具体的には、
モンゴル・満州付近の鮮卑や烏桓、朝鮮半島の国々を含んだ「東夷伝」の
倭(日本)について紹介した「倭人条」のことを指すことが判りました。


さらに、当時の倭人の国は、魏の支配下にあった朝鮮半島の楽浪郡や帯方郡を
基点として近い方から、対馬国、壱岐国(島)、末廬国(唐津地方)の順で
紹介されていることも知りました。


個人的には、三番目の「末廬国」に親近感を持ちました。
何故かというと、末廬国を現在の地名に置き換えると「松浦国」となるようです。

弥生時代という日本の黎明期にも自分の氏と関連のある国が
存在していたと思うと歴史浪漫を感じてしまうのでした。


ただ、豆知識が増え一人で悦に入っている私(歴史おやじ)の話に、
家内や子供たちは、全く無反応です。




令和2年5月28日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 15:54| 日記

2020年05月16日

お客様探しが毎朝の日課です!





毎朝、朝食を取った後、コーヒー(牛乳は必須)をすすりながら、
地元新聞(新潟日報)に目を通すのが日課となっております。


ここ数日、連日のように、弊所のお客様が次々と登場していて、
ワクワクしながら記事を見ています。



発見する記事は、生活欄だったり、ビジネス欄だったり、
地域欄だったりしますので、くまなくチェックします。


弊所をご利用されるお客様は、

基本的に、バイタリティがあって、
新規なアイデア・技術を打ち出したり、
自社新商品・サービスをブランド化されたりする方が多いので、

必然的に(自然の流れで)、新聞にも紹介されるのでしょうね。



弁理士は、表舞台に出ず、お客様(主役)をサポートするのが仕事で、
記事にされるような事はまずありませんので、
新聞やTV等でお客様が活躍することを目にすると、

自分の事のように嬉しいわけです。




明日も新聞に目を通そうっと!




令和2年5月16日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:49| 日記

2020年05月15日

昭和の歌に癒されています!






外出自粛で街にも飲みに行けてない中、自分が家でやる事といったら、

1)読書
2)ジョギングや犬の散歩

だったのですが、最近は、

3)昭和の歌謡曲

にハマったりしています。


自分のお気に入りの曲は、
浜田省吾さんの「家路」、
竹内まりやさんの「駅」などです。

癒されたり、元気が出る曲がいいですね。

元気が出るといったら、

ブルーハーツの「リンダリンダ」や
少年隊の「仮面舞踏会」など

も良いですね。


昭和ではありませんが、
ミスチルの「名もなき詩」や「シーソーゲーム」や
ウルフルズの「ガッツだぜ!!」や「明日があるさ」も
お気に入りです。

歳がばれますね。


昭和の曲を聴きながら、
家で皿洗い、雑巾がけ、雑草取りなども
時間を忘れて楽しくやれます。




皆さんは、ステイホーム生活を如何お過ごしでしょうか。



令和2年5月15日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:34| 日記

2020年05月12日

新潟市では分散登校が始まりました!






新潟市の学校では、ようやく今週から分散登校が始まりました。

久しぶりに制服を着た笑顔の子供たちが歩いているのを見ると、
こちらも嬉しくなります。


ただ、普通の学校生活に戻ったわけではなく、登校日が学年毎に
分けられていますので、毎日学校に行けるわけではありません。

また、1クラスが30人程度なのですが、密を避けるために、
クラスを二分して(つまり、男子と女子とに分けて)
登校する時間帯も変えているようです。




お友達と普通に勉強や部活ができる生活に早く戻れることを
願っております。




令和2年5月12日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:55| 日記

また、顧問先が増えました!




なかなか先が読めない時世ですが、
また新たに弊所顧問先が増えました。



不要不急が声高に叫ばれている中、
こうしてお声や期待を掛けられていることに、
弊所の存在価値を感じることができ、
感謝とともになお一層の責任や使命感を感じております。



今抱える世界の一大事に対して、私は直接貢献できないですが、
お客様の心配事の一つだけでも、自分の専門や熱意で解決できるよう
最大限の努力を続けていきます。




令和2年5月12日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:46| 日記