2021年04月29日

故郷の紹介A 太郎平新道





故郷紹介の2番目は「太郎平新道」です。


太郎平新道は、調べてみると、静岡県の袋井市〜磐田市(文献によっては掛川市西端〜浜松市東端)に亘って13km程、延びた道路だそうです。磐田市では「高塚新道」とも呼ばれているそうです。

袋井クラウンメロンマラソンでも、僅かですが、太郎平新道がコースの一部になっていたはずです。


子供の頃、実家近くの道路が「タロベー新道」と呼ばれているのは覚えておりましたが、名前の字も正確に覚えておりませんでしたし、この道路がまさか隣の市を跨ぐ程、延びているとは、つい最近まで知りませんでした。

しかも、この「太郎平新道」が、約150年前に一私人である高塚太郎平さんによって、地域の発展のために私財を投じて作られた道路で、人々が彼の労苦に感謝し「太郎平新道」や「高塚新道」の名称を贈った道路だということも知りませんでした。


高塚太郎平さんについては、袋井市の偉人又は磐田市の著名人をご覧ください。



自分の故郷にも名を遺した立派な方が少なからずいる(いた)ことに感謝し、自分も「僅かでも何か」を人に喜んで与えられる人間になりたいと思いました。







故郷って、いいですね!



令和3年4月29日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 13:49| 日記

2021年04月22日

故郷の紹介@ 東海道の松並木





新型ウィルス禍の猛威で、県外出張や故郷のある静岡への帰省ができておりません。いつでも帰れるとそうでもありませんが、いざ帰れないと思うと郷愁が募るものですね。



ところで、静岡県には、江戸と京都とを結んだ東海道(旧街道)が走っています。これは国道1号線でもあったことから、「旧国道」とも呼んでいました。私の実家の玄関を出た目の前にも旧国道があります。



旧東海道と言えば、日差しや雨風から往来する旅人を守った松並木が有名です。
昔(子供の頃)は、街道沿いの至る所に松並木を見ることができたのですが、半世紀近く経つ間に、松くい虫などの害虫被害や宅地化によって、その景観が楽しめるスポットが随分と減りました。



そんな中、インターネットを検索していると、こちらの記事が出ていました。
地元の松並木が景観賞の最優秀賞が取れたなんて、素敵で誇らしいことです。

これも地域の方々のたゆまぬ保全活動の賜物でしょう。
ありがとうございます。


こちらの記事の写真も懐かしい!
中学校や高校の自転車通学の際に目にした風景です。




故郷って、いいですね!



令和3年4月21日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:21| 日記

2021年04月20日

野外での予防接種




毎年4月は狂犬病の予防接種の時期です。

昨年の4月はコロナ禍が始まったばかりで、新潟市の集団接種は行われず、かかりつけの獣医さんのところで接種する必要がありました。

今年は市の集団接種が開催されていますので、昨日、近い会場で接種することができました。役所や施設の駐車場などの野外が会場になるので、とても気持ち良いです。

ワンちゃんも注射を頑張ったので、自宅に帰ったらご褒美のおやつをあげました。



次は、フィラリア予防ですね。
間もなく蚊が発生する時期ですので、そろっと獣医さんのところに行ってきます。




ワンちゃんのお世話も大事です!



令和3年4月20日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:08| 日記

2021年04月18日

【結果報告】雨でも記録更新



昨日、第32回 燕さくらマラソン大会 2021に行ってきました!


当日は早朝から雨でした。
受付を済ませた後もテント内に身を寄せないといけない位の雨量でした。
image8.jpeg


桜も既に散ってしまっていましたが、菜の花は見頃となっていました。
image4.jpeg


この大会の参加賞は、「洋食器の町」燕ならではのスプーンでした!
image1.jpeg

また、入賞者へのプレゼントも燕製品が目白押しでした。

(帰りのお楽しみ)
帰りはハイになっていましたが、汗をかいて薄着のままで会場から駐車場までの約1km道のりは遠く雨も強く降っていたので、手から足から凍えながら歩きました。
車の中で着替えを済ませて、お楽しみの日帰り温泉(分水のてまりの湯をチョイス)へ直行。今回は体が冷え切っていたので、温泉の時間は夢のようなご褒美でした。



【レース報告】
スタート1時間前くらいから若干小降り状態になってくれたため、ストレッチやアップを開始することができました。スタート地点では、ABCDのブロック毎に分かれてAから順に約1分遅れでスタートしました。

先週の新発田10kmの疲れと、木金の出張疲れがあったにも拘わらず、新発田10kmとほぼ同じ4分40秒ペース(自分の中ではガンガン快調モード)で走り始めました。1-10kmでは先行のBブロックの参加者をどんどんと追い抜き、これは最後まで行けるかなと欲張りましたが、そうは問屋が卸さず、残り5kmで失速しました。

14kmを過ぎたあたりから疲れが見え始めました。加えて、川の土手が主なコースも10kmを過ぎると数本の橋を迂回する形で嫌なアップダウンが何度か訪れます。

16km過ぎの最後の折返し地点へは、少し先にあるのは判っていてもなかなか辿り着かない状態に陥っていました。さらに折返し地点を過ぎた最後の1-2kmでは、脚は上がらない、踏み込んでもしっかり地面を蹴れない状態(ストライドを稼げないバネの無い状態)になり、後方から何人も追い抜かれる状態になっていました。
最後の300メール位でも抜かれて悔しかったです。

このフィニッシュ地点が遠かった!
今回レース後の体力消耗は激しく、翌日はヘロヘロで昼まで動けませんでした。
image6.jpeg


それでも、1-15kmで快調ペースを保てたおかげで、自己最速記録の1時間40分48秒となりました。先月の新潟ハーフで1時間50分の壁をようやく破って喜んでいましたが、今回は更に8分も短縮し、40分の壁を破るのもあと少しのところでした。
image0.jpeg


【今後の練習へ向けて】
やはり、20kmの距離を快調ペースで走るスタミナが無いことを実感しました。そのためにはいつもの練習で、LSDの距離をもっと伸ばす必要を感じました。ここ最近の自分のLSDは16-22kmで2〜2.5時間でしたが、これをおそらく25-30kmで3〜3.5時間位の練習を取り入れる必要がありそうです。




益々、週末はランニングの時間が増えそうです。





令和3(2021)年4月18日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:32| 日記

2021年04月15日

やんわり過ぎかな。



最近、仕事が掃ける前に問合せや依頼の相談の連絡がどんどんと入ってきています。

「見積書は作成できますけど、着手までに時間が掛ります。」と
やんわり断っているつもりなのですが、上手く伝わってないような気がします。
実際、見積書だけでいいと言われても、お客様のご要望を伺い、希望に応じた様々なパターンを作成するのは結構大変で、その作成時間が惜しいくらいに時間が足りない状態です。


自分としてはあんまり仕事は要らないのだけれど、今依頼を受けているお客様の案件は待たせたくない。依頼中の案件を静かに集中して進める時間が欲しいのです。


このために新しいことが入りそうになって、出来そうにない時はハッキリと断るようにします。

その他には、身の回り事を減らす作業(シンプル化)を進めたいです。
弊所にとって優先度の低い会合への出席は極力減らし、組織・団体への会員の登録や継続を極力減らすなどシンプルにしていき、時間を確保するよう努めたいです。




令和3年4月15日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:06| 日記

2021年04月14日

もう少し待っても良かったかな。



昨年はウィルス禍の影響をまともに受け、エントリーしていたマラソン大会がことごとく中止になりました。そんなこともあり、今年は開催されると決まった大会情報が出ると直ぐにエントリーしていました。



ただ、開催が同時期でもエントリー開始が遅い大会も最近になって発見しました。
「えっ、今頃、エントリー開始なん? こっちの方が良かったかな。」と思うことが何回かありました。



今度から焦らずに、少しの間、検討したうえでエントリーするようにします。受付開始の即エントリーは絶対に出たいものだけにします。




令和3年4月14日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:46| 日記

2021年04月11日

「春RUN漫」しばたジョギング大会in加治川桜堤




今回、新発田のジョギング大会10Kに初参加しました! 
image10.jpeg


10Kの参加者がおよそ180人の小さな大会でした。
スタートは五十公野公園で、ゴールは加治川治水記念公園でした。
image7.jpeg

残念ながら今年は桜の開花が早すぎて、やや散っていました。
(いつもの開花時期なら、多分、丁度満開だったはずなのですが。)

小さな大会だけあって、大会事務局の方で記録は取ってくれませんし、レースコースの信号では選手を優先する特別待遇が行われなかった為、信号が赤になったり、交差点で車が通過すると、選手の方が止まらなくてはなりませんでした。私も実際、2度立ち止まりました。

それでも、風も少なく気温も暑過ぎず寒過ぎずで走り易かったです。スマートウォッチで計ったタイムでは46分20秒くらい「だった」と思います。最近、私はいつもゴールするとハイになり過ぎてタイムを止めそこねてしまいます。多分1kmあたり平均4分36〜7秒あたりで走れました!

前回の新潟ハーフで1時間50分未満で走れましたが、今回の新発田10Kでも50分未満で走れました。体が軽くなったのと、走り方が変わったのと、体幹がやや強くなったことを実感できています(^^♪。


小さな大会で参加費も安かったのですが、参加賞の方は大変充実していました!
image3.jpeg



レース会場を後にすると、五十公野から松浦地区の城山温泉へ向かってドライブ!
image2.jpeg

つい最近まで松浦小学校があったのですが、今は閉校してしまいました。
私の氏と一緒なので、少し寂しい感じがしています。


城山温泉の由来にもなりましたが、向かい側の山の頂(下の写真)に戦国時代に本当にお城(本丸)があったそうです。織田信長が本能寺の変で倒れた後、信長と結んで上杉景勝と対戦していた新発田重家は、押し寄せた上杉方の大軍をこの麓の法正橋で大いに打ち破ったそうです。

image5.jpeg


温泉に浸かった後は、当温泉自慢の「わっぱ飯」を堪能しました。

image0.jpeg

固形燃料を着火して5〜6分して蓋を開けると、まあ美味しそう!
image1.jpeg



日柄の大変良かった新発田でリフレッシュしたので、明日から頑張れそうです!



令和3年4月11日 新発田市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:54| 日記

2021年04月07日

新潟県内、津々浦々




新年度に入り、県内出張の予定がどんどんと入ってきます。

既に、胎内(中条)、関川村、燕、見附、長岡への出張が予定されています。

関川村は、昨年も今年もハーフマラソンが中止になってしまい、今年も訪ねる機会が無いかなと思っていましたが、仕事の関係で訪問できそうで、嬉しいです。

関川村は、山形県との県境の長閑な村で、風光明媚な景色が広がっていて、プライベートでも訪問しているくらいです。地元の言葉(訛り)も新潟市と少し違っていて、柔らかい印象を受けます。



出来れば、仕事帰りに、日帰り温泉などの楽しみも入れたいです。



自分へのご褒美も忘れずに出掛けていきます!



令和3年4月7日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:05| 日記

2021年04月01日

今年は早いみたいです。




今日から新年度ですね。

昨日、近所の西川土手を入ってみると、サクラが結構咲いていました。

新潟では4月3週目位に満開(GWには完全に散っている)を迎えるのが通常なんですが、暖冬の影響でしょうか。例年より1〜2週間、桜の開花が早まっている気がします。

ウィルス感染が第4波に入っていると報じられ、今年も静かな花見になりそうです。




ところで、この時期は入学や異動の時期にも当たります。

私の子供に通っている中学出身で、東大入学や宝塚入学を決めた子もいるそうです。
おめでとうございます。将来が楽しみですね。

また、子供の友達のお父さんが県外へ単身赴任になるそうです。
子供関連のお父さん仲間では、少なくとも3人は県外で単身赴任中です。

一方、小さな事務所で、異動もなくちまちまと働いている私に対しては、
家内や我が子から

「パパもたまには単身赴任しないかな〜?」

なんて嫌みを言われます。



私からしたら、家事や試合の送り迎えなどで多少は頑張っているつもりですが、どうも男親の有難みなんてものは感じてもらえていないようです。 (´_ _`)




新年度も頑張りましょう!



令和3年4月1日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:22| 日記