2021年05月28日

挫折とトレラン




今年に入ってトレランに興味を持ち、その世界に足を踏み入れた私は、最近、インターネット記事やトレラン関連本を読み漁っています。



トレランって、日本で多くの人に知られるようになったのはそんな昔でなく、ここ20年位でメジャーになってきたようです。トレランの有名なトップアスリート(30〜50代)でも、元々は、違う夢を持っていたようです。例えば、学生時代は箱根駅伝の選手やサッカー選手を目指していたものの、故障その他の原因で挫折された方が多いことを知りました。


そんな挫折をしたり、辛酸をなめた方々が少し別の世界に挑戦していく話を聴くと、なんとなく共感が湧くんですよね。

何故かというと、私は中学時代の学業は良かったものの、高校時代に進学校に入ると成績はめっきり低迷し、運動部を途中で退部し、劣等生のまま3年間を過ごしました。
また、大学時代は工学部に入ると「海外で活躍できる研究者や開発者になる夢」を一度は目指しましたが、卒業して社会に出ると壁にぶちあたり(現実を知り)、転職を繰り返しました。



こうして挫折を味わいながら私が辿り着いたのが、世間一般(大衆)にはそれ程知られていない「弁理士」というお仕事です。こうした自分の人生と職業と、トレランの世界とを照らし合わせてしまうんですね。



挫折を繰り返しながらも、自分を鍛えて成長させていく。
トレランに興味を持ったのは、こんな捉え方をしたからかも知れません。





令和3(2021)年5月28日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:29| 日記

2021年05月25日

初トレランは櫛形ウィンドトレイルでした!



先日、櫛形ウィンドトレイル2021に参加しました。

自身初となるトレイル大会でした!
ショートの18kmに参加しましたが、ロードのハーフよりも苛酷で正に山行でした。
自分のGPSウォッチで確認すると、垂直方向への累積標高が約1000mでした。

一日二日経っても太ももの筋肉痛がひどいです。
自分はロードのハーフではそれ程筋肉痛にならないので、筋肉の疲労度としてはフルマラソンに近いレベルのようです。


当日は悪天候のうえに、31kmの選手達が先に駆け抜けた山道は泥状で「つるつる」といった具合で、下りでは頭の中で「多分滑るよ。滑るよ。」とビビりながら腰が引け、何度も尻もちをつきながら下に流され、上りでは四つん這いになっても下にずり落ちてしまうことが何度もありました。
また、疲れてくると何度か躓きそうにもなり、ロードとは違う危険も感じました。

折り返し点に行く前に既に太ももの筋肉が悲鳴をあげそうでしたし、最後のロードの約3kmもキツかったです。ゴールまでの1〜2kmで男性一人に抜かれ、最後の500mで女子一番の方にも抜かれてしまいました。
女子の方は私を追い抜いた男性も抜いてガッツポーズで格好よくゴールされました。
また、私を追い抜く際も「最後、頑張りましょう!」と声を掛けてくださいましたし、本当に気持ち良く抜かれました。


山登りでの筋力不足に加え、最後のロードでのスピード不足も感じました。

それでも何とか走破したときの感動は最高でした。
そして、会場スタッフは、スタート時もゴール時もエイドステーションでも、選手を温かく迎えてくださいました。


大会の詳細レポートはこちらです。
大会の総集編の動画はこちらです


新潟県ではより多くの参加者で密が予想されるロードの大会が減っていることもあり、暫くはトレランに専念しようと思います!




何事も初体験は勉強になります!





令和3(2021)年5月25日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:02| 日記

2021年05月14日

越後カントリートレイルも中止




越後カントリートレイルも中止になってしまいました。


ウィルス禍でも先月までエントリーを受け付けており、山を走るトレイルなら出来るのかなと思っていたので残念です。


ウィルスとの闘いが一段落しない限りは、急きょ中止のような事態が頻繁に起こるのでしょうね。

半ば諦めて、開催されたらラッキーと思うしかありませんね。



令和3(2021)年5月14日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:19| 日記

2021年05月13日

チェコの建物(ダンスホール)




チェコへの留学話の続きです。

当時、留学先の大学の主催で社交ダンスの祭典がありました。

当時も今も社交ダンスが全く踊れない私ですが、見知らぬ事への好奇心から、
チェコの友人(同じ研究室の学生)に誘われるまま、参加しました。

その会場で私は、酒を片手に、優雅に踊る現地の方々のダンスを見ただけだったように記憶しております。その時驚いたのは、チェコの学生の多くが社交ダンスを踊れることで、文化レベルが非常に高いんだと感心しました。


自宅には、会場内で自分と友人たちとの写真が今でも残っております。

最近、そのチェコの友人に「あの会場って、どこだっけ?」って尋ねましたら、親切にも、その会場(施設)のURLを教えてくれました。詳しくはこちらです。



HPでも、この建物が、とっても格式高く、風格があって豪華なのが判りますよね。
コロナウィルス禍が落ち着き、仕事や子育ての忙しい時期が終わったら、また、この地を訪れたいものです。





百塔の街、プラハへ




令和3(2021)年5月13日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:17| 日記

2021年05月05日

遠方の旧友との親交再開




私は、大学院時代に東欧のチェコに留学したことがあります。

最近、ちょっとした訳があって、チェコ留学時代の写真が必要になりました。

そこで、当時、右も左も分からない私を気に掛けてくれた人であり、一番仲良しだったチェコの友人に久々に連絡を取ることにしました。(丁度GWで、落ち着いて手紙(メール)をしたためる時間が取れたので)


驚いたことに、彼とのメールの前回のやりとりから、約10年も経過していました!
また、彼と初めて会ってから四半世紀も経過していました!!!


かなり時間が経過していましたが、私のメールは彼に無事に受信され、彼から直ぐに心温まる長文の返信が届きました。なんだか懐かしくも不思議な気分になりました。凄く時間が経過していても、彼との関係や相対し方は当時と全く変わらないのです。



ここ10年を振り返ると、12〜13年前に自分の事務所を立ち上げてがむしゃらに働いてきたので、遠方の旧友と文通する心のゆとりが無くなっていたようです。自分も人生も折り返し地点を既に曲がっているので、これを機に、これまでの財産である旧友との時間を積極的に取ろうと思います。





令和3(2021)年5月5日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 17:11| 日記

2021年05月02日

柏崎潮風マラソンは中止



エントリーしていた柏崎潮風ハーフの大会事務局から開催中止の連絡が届きました。
オンラインマラソンに自動的に変更されるとのことです。

開催されていたら初参加となるレースで、楽しみにしていたので残念です。( ´Д`)=3

参加賞のスーパークールタオルは貰えましたので、オンライン走りの後に火照った体を冷やします!




令和3(2021)年5月2日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:20| 日記