2021年07月26日

五頭連峰縦走路にチャレンジ!





皆さん、今月の4連休は如何お過ごしでしたか。



私は仕事と家事を行う日もありましたが、いつものトレラン仲間と五頭連峰へ山行に行きました。




当初は最も定番そうな旧スキー場登山口から登るつもりでしたが、主要道路からの入り口を見失い、結局、五頭連峰の南端である宝珠山の赤松山登山口から登り、五頭山へ向かう縦走路を進むことになりました。


登山口〜赤松山〜八咫柄山〜宝珠山までは余力を持って到達しました。


宝珠山山頂から阿賀野川を望む眺めです。
image0.jpeg



宝珠山山頂で記念写真。
14447698402320.jpg



ここからみると五頭山に向かって幾つもの山が鎮座していること判ります。
image1.jpeg



宝珠山〜大蛇山〜野須走までのトレイルは手入れがされていて軽快に進めましたが、野須走〜菱ヶ岳までのトレイルは草むらで荒れていて、丸出しの太腿が一気にかぶれてしまいました。


14447698462695.jpg
また、こんな感じの急登も多くて菱ヶ岳に着くまでに一気に体力を消耗してしまい、菱ヶ岳で暫し休憩の後、来た道を戻ることにしました。



帰り道では脚が疲れていましたが、無事に元の登山口に戻ることが出来ました。
往復距離は約16km、獲得した累積標高は約1200mでした。

急登が多かったので累積標高はもっと行ってるかと思いましたが、それ程でもありませんでした。多分気温32℃以上の暑さによる疲れもあって辛く感じたんでしょうね。




今回、携帯した水が少し足りなかったので、今後はもう少し余分に持参しようと思います。また、初めて登る山はトレイルの状態が不明ですので、手足をなるべく露出しないようにします。次回、五頭連峰に行く機会があれば、今回行けなかった菱ヶ岳より先の五頭山や松平山に登ってみたいです。







令和3(2021)年7月26日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:29| 日記