2022年01月07日

冬用ギアが続々と





雪山に登るため、先月、チェーンスパイクを購入しました。
アイスバーンの雪山では制動効果を発揮してくれることを実感しました。



次は深雪にも対応できるギアも欲しくなりましたが、何せ全くの未経験者ですから、何を買ったらよいか、更には、どのブランドの、どのタイプのものがよいか…など、大変迷いました。



先ずは、トレラン仲間の何人かに相談し、オススメ情報をGET!
ここで、複数の方から同じものをお勧めされたら即買いですね。


その後、実際の商品を販売しているショップの店員さんにもお話を伺いました。

おススメされたものと違うギアを提案されて迷う事もありましたが、実際に雪山に登って使用している仲間からのおススメ商品を最終的に選択しました。




そうこうして今回ようよう仕入れた商品を紹介します。




先ずは、ゲイター(スパッツ)です。

IMG_3597.jpg

ロングタイプをおススメされましたが、軽くて走りの邪魔にならず、夏の砂塵や砂利の侵入防止にも対応できそうなものを選びました。








それから、防水性や保温性の高い高機能グローブ(ミトン)です。

IMG_3598.jpg


雪山縦走やLSD(ロングラン)に使えそうです。

この時期、新潟市内を1時間以上走ると指がカチンコチンに冷えてしまって、自宅に戻っても暫く手が悴んでしまっていましたので、いい物が無いかと探していました。


出来れば、既に所有の上下のレインウェアのブランド(TNF)と合わせたかったのですが、アウターにゴアテックス素材を使っている点と、指先が三つに分岐して操作性が良さそうである点、インナーのミトンが温かそうな点からこちらを選びました。

IMG_3600.jpg









お次は、フリースベストです。

IMG_3590.jpg

トレランの場合、冬の季節には、通常のレインウェアと下着との間に、保温性の高い中着を着込むようです。インターネットで検索してみると、この間にフリースベストを身に着けるのが良いと知り、試しに購入してみました。


とても温かいので、仕事の際にも重宝しています。










今回最後の目玉商品は、スノーシューです。

IMG_3593.jpg

IMG_3594.jpg


商品名は「スノーラン」で、商品名からも雪山を走るのに適していそうです。

雪山に足繁く通って使いこなせるようになりたいです。

このように、中年のおじさんでも、雪との戯れを楽しめそうです。








趣味にはなりますが、今年も新たな方面に挑戦する準備が出来ました!








令和4(2022)年1月7日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 12:32| 日記