2017年07月05日

商標出願での審査待ち期間に変化が…



特許庁は登録主義・審査主義を採用しているので、
商標登録などを申請しても、審査官の審査結果が通知されるまで
申請者(お客様)は、所定の期間、待たなくてはなりません。

昨年あたりまでは、審査待ち期間が短縮化する方向に進んでいましたので、
平均して「4〜5月間位」待てば審査結果が判りますよ!、とお客様へ
説明していました。

しかしながら、今年に入って、どの案件もなかなか審査結果が
通知されない状況だったので、特許庁に確認してみることにしました。

どうも、昨年位から商標出願件数が極端に増加する傾向が続いていて、
既存の審査官のマンパワーで十分では無く、審査待ち期間が
長引いている
ようです。

ということで、今後、新規に商標登録を希望されるお客様には、
申請から審査結果が判るまでの期間、「半年〜1年位」と説明することにします!


ブランド保護やトラブル回避を意識する中小企業や個人の方が増えてきたのかも知れませんね。

審査官の方も大変でしょうが、頑張ってください!


平成29年7月5日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:32| 日記