2017年10月11日

「魔の10q」を痛感した新潟シティマラソン2017


昨年はエントリーしたにも拘わらず所用で参加できなかった新潟シティマラソンに、
今年ようやく初参加できました。

練習不足に加え、前日の晩まで県外出張していたので、
当日のスタート開始まで凄く不安でした。
ただ、新潟のコースは平坦で気温もそこまで暑くなかったので、
少し気の緩みがありました。

さらに、スタート後も25km位まで、6分/kmのペースだったので、
もしかしたら、自己ベストを更新するかも…、と期待してしまいました。

初心者は「最初は少し抑え目に走るべし」の原則を忘れていたんですね。

そして、27kmを超えた位から、急に脚が動かなく(上がらなく)なり、ペースダウン
残り10km位からは一歩踏みしめる度に腿の筋肉に激痛が走るようになりました。

35kmあたりで、Qちゃん(高橋尚子さん)のハイタッチで元気をもらったものの、
残り3kmでは足が攣りそうになり、ペースも9分/kmに急落してしまいました。

結局、自己ベストから30分近く遅かったです。
自己ベストの場所はもっと起伏が富んだコースだったので、
今回の新潟ではもう少し良い記録が出ると思っていたので、残念です。



ただ、ビッグスワン、万代橋、港トンネル、海岸線、信濃川河川敷と、
風光明媚な新潟市内を駆け抜けることができたのと、
ゴール地点で家族が応援に駆け付けてくれたので、大変、感謝と感動の一日でした。

しかも、帰りは、参加者に配布された新潟市内の銭湯で使える無料券で、
銭湯に入って汗を流してスッキリできました。
(私のお気に入りは、西区内野の旭湯です。)


平成29年10月11日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:30| 日記