2018年09月01日

村上春樹さんを見習おう!




さて、世界的に有名な村上春樹さんが、ずっと続けてきたこと。


「それは、音楽のように小説を書き、
 小説を書くために身体を鍛えること…」


(引用先は「村上RADIO TOKYO FM」こちらのURLも参照)




村上さんは、今も年に1回はフルマラソンを走られるそうです。
なんと、この走る習慣を35年間も続けてきたそうです( ゚Д゚)。



走ることについて、村上さんは、


「小説を長いあいだにわたって書き続けるのって、
 基礎体力がないとなかなかできないんです。
 だからあるときは走らなきゃと決めて、
 それ以来ずっと走り続けてきました」


と語っておられます(上記URLを引用)。



村上さんが取り組まれる小説に対して、文章の類は違いますけれど、
私も、毎日のように特許申請の明細書や意見書等といった文章を書いていますので、
村上さんの上記コメントには大変同感いたします。

私も、毎日のように、
お客さんからの申請期限に追われたり、
お客さんからの発明に対する熱い想いを聴いたりして、
それらを文章にして具現化する際に、脳の思考力だけでなく、
非常に体力が消耗します。



私も年に数回、ハーフやフルに参加していますが、
村上さんの話を聴いて、村上さんのように、

この走る習慣をずっと長く続けていきたい

と再認識しました。



今朝も走れて良かった。



平成30年9月1日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:00| 日記