2020年01月13日

惜しかった帝京長岡、頑張りました。



さて、今年の高校サッカーの帝京長岡の快進撃は、
新潟県民にとっては非常に嬉しく、誇りに思えるものでした。

残念ながら準決勝で終わってしまいましたが、あの青森山田に対し1-2の惜敗でした。
しかも、攻撃で相手を翻弄していましたし、田中君のドリブルシュートは、
まるで和製マラドーナでした。

また、晴山君、谷内田君などのタレント揃いのフォワード陣や
テンポ良いパスサッカーは、見ていて楽しく、
最後の決勝まで勝ち進んでいくのを見ていたかったです。
雪国のハンデを逆手にとったフットサル練習の賜物ですね。


ところで、今日は、青森山田と静岡学園との決勝戦ですね。
静岡県出身の私としては、キングカズが母校の静岡学園を応援してしまいますが、
絶対王者の青森山田を崩すのは簡単ではなさそうです。


この世代からも、将来、有名なプロサッカー選手が何人も輩出されることを
期待しています!



令和2年1月13日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 12:03| 日記