2021年05月25日

初トレランは櫛形ウィンドトレイルでした!



先日、櫛形ウィンドトレイル2021に参加しました。

自身初となるトレイル大会でした!
ショートの18kmに参加しましたが、ロードのハーフよりも苛酷で正に山行でした。
自分のGPSウォッチで確認すると、垂直方向への累積標高が約1000mでした。

一日二日経っても太ももの筋肉痛がひどいです。
自分はロードのハーフではそれ程筋肉痛にならないので、筋肉の疲労度としてはフルマラソンに近いレベルのようです。


当日は悪天候のうえに、31kmの選手達が先に駆け抜けた山道は泥状で「つるつる」といった具合で、下りでは頭の中で「多分滑るよ。滑るよ。」とビビりながら腰が引け、何度も尻もちをつきながら下に流され、上りでは四つん這いになっても下にずり落ちてしまうことが何度もありました。
また、疲れてくると何度か躓きそうにもなり、ロードとは違う危険も感じました。

折り返し点に行く前に既に太ももの筋肉が悲鳴をあげそうでしたし、最後のロードの約3kmもキツかったです。ゴールまでの1〜2kmで男性一人に抜かれ、最後の500mで女子一番の方にも抜かれてしまいました。
女子の方は私を追い抜いた男性も抜いてガッツポーズで格好よくゴールされました。
また、私を追い抜く際も「最後、頑張りましょう!」と声を掛けてくださいましたし、本当に気持ち良く抜かれました。


山登りでの筋力不足に加え、最後のロードでのスピード不足も感じました。

それでも何とか走破したときの感動は最高でした。
そして、会場スタッフは、スタート時もゴール時もエイドステーションでも、選手を温かく迎えてくださいました。


大会の詳細レポートはこちらです。
大会の総集編の動画はこちらです


新潟県ではより多くの参加者で密が予想されるロードの大会が減っていることもあり、暫くはトレランに専念しようと思います!




何事も初体験は勉強になります!





令和3(2021)年5月25日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:02| 日記