2021年09月13日

久々のボランティア参加




週末はずっとお天気が良かったですね。

熊騒動で越後丘陵公園の里山エリアが暫く閉鎖しておりましたが、安全確認が取れたため、全園開放となりました。ボランティア活動も再開されましたので、久々に参加してみました。



今回の任務は、熊鈴設置とトレランコース(里山エリア)1周の点検でした。



熊鈴と言っても身に着けるものではありません。
コース内に杭を打ちつけたもので、その杭の周壁に振り子付の金属筒を吊下げたものです。ハイカーやトレイルランナーが通過する際にこの金属筒をタッチしたり叩いたりすると、「ガランガラン」と鳴る仕組みです。


以前からこのタイプの熊鈴が園内に数箇所設置されていましたが、今回の件で、追加設置することになりました。



先ずは、杭に螺子をきって金具をねじ込んだものを用意しました。

p9123411.jpg




その後、現場の里山へ。
トレイルは人が暫く入っていなかったので、至る所に小動物(たぬきらしい)の糞を見つけました。


杭と金属筒の3セットと、ハンマーを担いで園内を散策し、既設箇所との中間当たりで適当な箇所に1セットずつ設置していきました。ハンマーで杭を30cmほど打ち込んでいきました。

p9123413.jpg




別の箇所にも移動して同様の作業を行いました。

p9123418.jpg




今回で3箇所の増設となりました。
長袖・長ズボンのいでたちなので、シャツ内は滝汗でした。(-。−;)




ただ、今回の熊鈴は、準備段階で金属筒周囲への塗装が厚かったのか、内部の振り子の金属塊が小さ過ぎたのか、金属筒へのスリットを刻みすぎて共鳴しにくくなったのか、既設設置の熊鈴に比べて鳴りが小さく、長続きしませんでした。


設計段階で改善の余地がありそうです。

IMG_3017.jpg





ボランティア活動は、中年になってからのクラブ活動みたいで、楽しいです。
新潟市から長岡市まではそれなりに距離があるので、無理せず時間的余裕があるときのみ参加するようにします。




令和3(2021)年9月13日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:27| 日記