2021年10月15日

ミッションインポシブルな障害物競走?





間もなく、第1回魚沼アルプススカイレースです。


少しドキドキします。

何故って?


下見のせいですな。

下見の際のマイペースでの試走だけでも十分にインパクトがあって、
本番当日に自分が対応できるかなと心配になるわけです。


例えば、
木の根が多数張り出したトレイルを転ばずに進めるか。
急降下の下り坂を歩かず(止まらず)、早いペースで走れる(降りれる)か。
終盤の下の集落から尾根までの登りでヘタレないか。

等々、
結構、自信がないからです。



急峻なコースが多い今回のトレランレースは、
自分の中では、
「ミッションインポシブルな障害物競走」
では
ないかと疑ってしまいます。




スタートの号砲が鳴れば諦めて走るしかないのですが、それまではドキドキです。






令和3(2021)年10月15日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 15:00| 日記