2021年10月27日

失敗もあるさ





さて、今回はいつものトレランネタではありません。









プライベートや仕事での失敗についてです。




人間は完璧ではありませんから、どうしても失敗はつきものです。






紀元前の史記にも「千慮の一失」の故事が記載されています。


「智者も千慮に必ず一失有り。愚者も千慮に一得有り。」


すなわち、知恵者でも必ず千に一つの考え損ないはあり、愚か者でも必ず千に一つのうまい知恵が出る、と書かれています。





失敗はどうしても発生してしまいますが、その後の処理・対応が大事だと思います。そして、同様の失敗が今後起こらないように自分の頭で良く考え、対策を目で見えるようにしておきたいです。





特にプライベートですが、思春期の子供への子育て(付合い方)は大変ですね。



昭和時代のように力ずくでも駄目ですし、ガミガミと言えば相手の気分が余計に悪くなるし。



自分だったら50km、100km走れと言われたら我慢して走り続けられますが、他人に(我が子であっても)僅かな事を依頼して実行してもらう事は容易ではありません。



我が子であっても他人は他人と割り切って、「親」の字の如く「木の上に立って見る(観る)」ことぐらいしかできません。






細かいことには目を瞑る「達観」の心境で、向き合うように努めます。







令和3(2021)年10月27日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:33| 日記