2021年12月23日

年賀状の準備




今年も年の瀬も押し迫り、弊所の営業日もあと数えるばかりとなりました。


今月は年末年始の連休で稼働日が少ない割に、お歳暮や年賀状などにも対応しないといけませんので、より慌ただしくなります。

本日で事務所(仕事用)年賀状の準備は終わりましたが、プライベートはまだ残っております。



あるお客様からは、今回より年賀状の挨拶は止める旨のFAXを頂きました。

手書きや印刷作業の大変さに加え、デジタル化が進んでいる時代の流れ、SDGs(持続可能な社会)や環境調和の面からも、紙媒体の年賀状は今後も減っていくと思われます。



弊所でもかなりの分量の年賀状をしたためますが、時間も掛かるし、なかなか難儀な作業なので、いつまで続けようかと毎年思案しています。




ただ、自分は「努力を続けられるタイプで、それが良さ」だと認識しております。


事務所開業以来、お客様やお世話になった方々への暑中見舞いと年賀状によるご挨拶を十年以上続けており、ここで止めたくないと意地を張っております!








「継続は力なり」で、もう少し頑張って続けます!




令和3(2021)年12月23日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 15:14| 日記