2021年12月29日

静岡・大井川 Trial Marathon





静岡出張のついでに、フルマラソンにも参加してきました。

第7回静岡・大井川 Trial Marathonでしたが、よくもまあ、この年末の押し迫った時期に開催してくれました!

大井川の島田市側の河川敷(リバティ)での周回コースでした。

IMG_3535.jpg



スタートから川上に向かって5km北上し、折り返して5km南下するので1周10kmです。
これを4周回と距離調整の折り返しをすることで42.195kmとなります。


当日は前日の気温よりも5℃以上下がり、最高気温が約5〜6℃でした。
日本海側では寒波が襲来していたこともあり、静岡でも強風となりました。



ランネットの大会レポでは、西からの強風と寒さで挫けそうになったとのコメントが多く寄せられていました。確かに寒風が厳しく、アップの最中トイレにも何回も行きました。



でも新潟の雪交じりの雨や暴風雪の中でいつも走っている自分にとっては、まだまだ「なんのこれしき」と思って走りました。「雨が降らないだけ、いーじゃん」と心に少し余裕もありました。

新潟での過酷なトレーニング環境で、どMランクが大分上がったようです。(^_^;)






ウェーブ式のスタートで、いよいよ始まりました!

司会のお姉さんの楽しい掛け声も、選手のやる気を奮い立たせてくれました。
会場での音楽はzardの「負けないで」で当初は良かったのですが、お経のようにずっとリピートしていました!




出だしの1キロのラップが4分58秒でした。


サブ4を切ったことが無い自分にとっては少し早いか。
サブ4のランニング友達から「最初の10kmは5分20秒くらいで抑えて行けば、ペースダウンすることなく切れるよ」とのアドバイスがあったからです。



ただ、自分の頭の中では、風は吹いててもこのコースはアップダウンが少ないから、5分前後で刻んでみようとチャレンジしてみました。

なぜなら、10月の津南ウルトラマラソンでは64km(16km×4周)走りましたが、その時に累積標高が1620mもありましたし、約42kmを4時間20分位で通過していたからです。



向かい風の影響もありましたが、10km、20kmと進んでも、4分50秒〜5分15秒/kmの範囲で順調にラップを刻んでいきました。



フルマラソンではよく30kmの壁の話が出ます。
私も数年前のフルマラソンでは30〜35kmを過ぎた辺りから、脚が上がらなかったり、脚が攣る症状が出ていました。



しかし、今回は40kmを過ぎても同じペースで顔を上げることなく走れました。


おそらくウルトラマラソンやそのための練習でフルマラソンと同程度以上を走り込みましたし、トレランで激坂のある山々を長い距離走ったりしたので、30kmの壁が自分の中で自然と無くなってしまった気がします。




そして、最後のトラックではゴールまで全力疾走でした。最後の数キロでは追い抜くことはあっても、追い抜かれることは無かったので良かったです。

3835.JPG




結果は3時間33分と、自分としては上出来でした。


こちらは記録証です。

211226 record2 .pdf


ゴール後は、楽しい司会のお姉さんと記念撮影!

IMG_3534.jpg



また参加賞としてティーシャツとスポーツドリンクの他、完走メダルも頂きました。

IMG_3551.jpg





でも人間って欲が出るもので、あと3分以上短縮できれば、サブ3.5だったのにと次の目標が出来ました。

総合順位でも848人中409位と、ほぼ真ん中の月並みな順位でしたので、次は300番台を取りたくなりました。



アラフィフのオジサンでも目標ができました!

楽しみながら頑張ろう!





令和3(2021)年12月29日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:33| 日記