2022年05月31日

弊所お客様の快挙報告(令和4年度全国発明表彰)





さて、本日、大変喜ばしいニュースが飛び込んできました。


弊所のお客様が「令和4年度全国発明表彰の特別賞」を受賞されました!
より具体的には、日本商工会議所会頭賞を受賞されました(詳しくはこちら)。



ちなみに全国発明表彰は 我が国科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に大正8年から始まった大変由緒あるコンテストです。全国から多数の応募があり審査のハードルも高いため、この全国発明表彰に加えて、地方ブロック毎に地方発明表彰のコンテストも実施されています。




このハードルの高い全国発明表彰に、長岡市の中小企業である弊所お客様が挑戦して見事に受賞されたんです。
しかも地方発明表彰をすっ飛ばして最初から全国発明表彰に挑戦されました。



この全国発明表彰で賞金まで頂ける受賞者は、僅か10社程度で、軒並み日本を代表する大企業ばかりです。詳しくはこちら


そんな錚々たる顔ぶれの受賞者の中で、地方の中小企業は弊所お客様だけですので、大変な快挙です。全国発明表彰の過去の記録が残る限りでは、新潟の中小企業の受賞は初めてだと伺いました。

この快挙は地方中小企業が打ったホームランと言うべきでしょうか。



このお客様は弊所に依頼して初めて特許申請した発明が特許権として認められただけでなく、このような由緒ある賞まで受賞されるなんて大変幸運な方だと思います。
社長様は実直で謙虚な方ですので、そういうお人柄がこうした幸運を呼び寄せた気がします。




今後も、様々なお客様のご相談から、こうした素晴しい賞を取れる発明に仕立て上げられるよう努力していく所存です。







令和4(2022)年5月31日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:32| 日記