2024年04月11日

夜間縦走ピストン





新潟では里山の雪も消え、雪割草とカタクリが咲き乱れる時期が到来しました。夜になっても寒さで震えることも無くなってきたため、夜間走(徹夜走)を企画・実行しました。


金曜日の夜9時半に集合し西蒲三山の縦走路を往復(ピストン)することにしました。



私にとって金曜日は平日の仕事疲れが最も蓄積するため通常は早々に就寝しより長めの睡眠を取る日なんです。ですから、一睡もせず疲労した状態で三山縦走の約50kmを動き続けられるかがとても心配でした。

当日の集合場所は国上の道の駅近くの登山口駐車場でした。道の駅がライトアップされていてとても綺麗でした。
IMG_7719.JPG


駐車場にて円陣を組んでからスタート。
IMG_7712.JPG


皆さん、お仕事が終わって急いで準備・到着していたため、何かしら失敗をしでかす人もおりました。
コンタクトを入れ忘れたりとか、極めつけは、トレランシューズを片方履き、他方はランシューズのままで出発された方も居りました! 片方履き替えた時点で準備完了したと思い込んでしまったようです。



そんなハプニングの中で開始した山行の最初のピークは国上山頂。
先に到着した方が私を撮影してくれました。言わなければ誰かは判然としませんが。
IMG_7709.JPG



弥彦山からの夜景も宝石のように綺麗でした。深夜なのに下界には沢山の光が灯っていました。
IMG_7711.JPG



深夜3時近くに片道最後のラスボスである角田山頂上を通過しました。
IMG_7691.jpg



そして福井ほたる登山口で往路が終了し、一息つきました。
そこで友人に用意してもらったインスタントラーメンが旨いこと。
IMG_7718.jpg



徹夜で頭はぼーっとしていましたが、折返し地点で暫し休憩し鋭気を養い、復路を戻ることにしました。
戻りの角田山頂上に向かう途中で夜が明け始め、五ヶ峠を下る頃にはすっかり明るくなりました。




弥彦山に戻る頃には春の野花が目当ての登山客も増え始めました。
太陽の日差しが強くなるに従い、カタクリの花びらが優雅に開きました。
IMG_7707.jpg


IMG_7722.JPG





一面カタクリだらけの場所で記念撮影し、新ポーズが誕生しました。


IMG_7708.jpg



「カタクリポーズ」だそうです。西蒲界隈の仲間うちで最近話題となりました。




金曜日夜から土曜日午前まで14時間近く動き続けましたが、終わってみると非日常的な冒険体験を仲間内で共有できました。




楽しかったので、山の夜錬をまたしてみようと思います。







令和6(2024)年4月11日 新潟市にて回想

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 15:29| 日記