2024年06月11日

トレランシューズ難民





6月に入り、暑くなってきましたね。
梅雨入りの方はもう少し先でしょうか。
昨夏のように渇水で農作物の被害が出ることがないようある程度は雨が降ってもらわないと困ります。ただし、インフラが破壊されるゲリラ豪雨のようなのも困ります。



ところで、個人的には今月はトレイルレースが入っております。
4月には100マイルチャレンジ(N3PUC)がありましたが、正式なレースとも言えないので、今回が久々のトレランレースとなります。



ここで問題が一つ発生しました。
久しく愛用していたレース用トレランシューズが先日のN3PUCで壊れてしまったのです。


普段の練習ではロードシューズを主に使っており、ここ最近、山錬もしていなかったので本番用シューズを試履きする機会がありませんでした。



本番用シューズとして今回調達したのが、愛用モデルの後継版のHOKA CHALLENGER ATR7です。
IMG_7973.jpg


ただ、これを購入したのも一月前位でお蔵(靴棚)に入れっぱなしでした。



レースの2週間前になり流石にこの新靴を卸して試走に行きました。
IMG_8091.jpg



ところが、数分も経たないうちに足回りの違和感を感じました。

具体的には以下の違和感です。
1)前回モデルより更に厚底になり、足指で地面を捉えにくくなる
2)前回モデルより1サイズ上げましたが靴内が窮屈で圧迫され、20km以上走行すると薬指や小指が痛む。

多分、自分は最近薄底のロードシューズやワラーチを履いていることに起因しているものと思われます。自然に足指の幅が広くなり、地面と足底との接地距離も短いのに慣れているからでしょう。




レース中に足指に痛みを感じながら走るのは苦痛ですよね。

代替策はないかと新潟市内のアウトドアショップへ。
以前から気にはなっていたALTRA LONEPEAK8(アルトラローンピーク8)を試着。


爪先付近の靴幅が広い設計になっているため、1サイズ落しても余裕がありました。
割引もありませんでしたが、悩んだ末に一足購入しました。
IMG_8097.jpg

ネット上の評価はこちら


ただ、レースが今週末に迫っており、一度もこの靴を使用していません。
フィット感など靴との相性が判らない状態でレースに臨むのも危険で避けたい…。




と言うことで、今回は普段の練習用のトレランシューズMILLETを相棒にしようと考えています。

MILLET以外はMERRELLと上述のHOKA、ALTRAがありますが、どれも新品か新品に近い状態ですので、もう少し履き慣らし自分との相性が判ってから本番デビューさせたいです。
実は次のレースはロード率が高いので、新しいトレランシューズのラグを擦り減らしたくないこともあります。




ロードランでもトレランでも、足回りの快適さを左右するシューズ選びは重要です。

特にトレランシューズでは「私はこれ一択!」と呼べるものがまだ見つかっていないので、早く出会いたいものです。












令和6(2024)年6月11日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:37| 日記