2018年04月06日

寛容さ、精神的ゆとりを持とう!




つい最近、プライベートでちょっとした出来事があり、
その反省を込めて、このブログを書いております。


日々期限等に追われる私には、以前にもまして、寛容さや精神的ゆとりが必要
であることを痛感しております。


私は、例えば、飲食店等に行って、料理等が出されるまでに予想以上に
時間が掛かってしまったりすると、態度や表情に出てしまったりすることです。
先日、恥ずかしながら、我が子にも注意されました。

おそらく、仕事等で期限に対し自分に厳しくしている分、
他人にも求めてしまっていたのかも知れません。



事あるごとに「自分の心の小ささ」に嫌気が差しますが、
今度から、

自分の所業には、ある程度厳しく、
他人の行いには、最大限の寛容さを持って、

※自分にもそれ程追い込むことなく、他人には自分の最大限の大きな器(心)で
接していくのが良いかと。

一日一日(その場その場)を過ごしていくよう努めます。





いくつにもなっても反省・改善あるのみです。





平成30年4月6日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:40| 日記

2018年03月26日

痒い所に手が届く弁理士に!



さて、弊所は来月1日で、開業して丸10年が経過します。
ここ新潟で、県外(静岡)出身の私が、顧客ゼロからスタートしました。


新潟で、なんとか10年間、やってこられたのも、
私に声を掛けて頂いたり、更にその後、知人に紹介してくださった
全てのお客様のお陰だと思っております。




それで、この10年間、新潟の小規模企業、中小企業、大学、公的機関の方々に
接してきて、これからの仕事の上で極めて大事だと思うことがあります。


それは、我々のサービスは、
既存の定型的なサービスでは事足りず、
顧客毎に事情・需要・課題がある
ということです。

例えば、中小企業の知財と一言で言っても、小さければ小さいなりに、
大きければ大きい会社の課題を抱えていることが判りました。


その需要・課題を、その道の専門家である我々が指摘し、
それを充足・解消していく手段やプロセスを提示していく
方が
よっぽど顧客に喜ばれることです。
(指摘後、顧客から「良くぞ、その点を突いてくれた。」とか、
「今まで我々は何してたんだろう。」なんて言われたこともありました。)


顧客の事情に合わせた解決手段を提示し、
それが自社で解決できなかった場合に、
弊所が新たなサービスとして、
それ(解決策)を提供(実行)する仕組みです。

これは、
顧客に常に寄り添い(顧客の事を気に掛け)、
顧客の声に耳を傾けていくことで、
需要を察知し、新たな解決サービスの想起につながります。


上記仕組み(痒い所探し)を実践して、従来の弁理士業になかった
新たな知財サービスを幾つか提供することもできましたし、
利益や顧問の獲得にもつながりました。


これからも、「痒い所に手が届く弁理士!」になれるように、
お客様のことを気に掛け、お客様の声に耳を傾けるように努めます!



平成30年3月26日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:00| 日記

2018年03月25日

ようやく出願が終わりました!



さて、昨年末からご依頼頂いていた特許案件があったのですが、
なんとか正式に出願が完了しました。

今回は実験データが何度も追加され、その度に明細書の修正を
繰り返す必要あったので大変でしたが、なんとか申請が完了して、
一区切りできました。


スッキリしたところで、今まで手の付かなかった他のお客様の案件に、
順次、取り掛かるとしよう!




平成30年3月25日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:43| 日記

2018年03月18日

特許料の減免申請手続が改正(簡素化)されます。



さて、このブログでは日々の些細な出来事を書いていますが、

久々に、法律改正(特許法)の話題です。


来月の4月1日より、特許料の減免申請手続が簡素化されます(詳細はこちら)。
来月以降に一度、減免申請に係る証明書を提出すれば、
次年度以降の減免申請の際は、証明書の提出は不要になるとのことです。
但し、特許料納付書上での【特記事項】や【その他】の欄は、
改正前同様に記載が必要です。


一方、特許料等の減免手続きと言えば、
小規模企業・個人の出願が対象となる
「三分の一軽減」の減免制度の適用については、
今月末をもって終了しますので注意が必要です(詳細はこちら)。

つまり、ここ三年以内に特許出願を行ってはいるが、
未だ出願審査請求を行っていない案件をお持ちの小規模法人の方は、
今月末までに審査請求と軽減の手続きを行った方が良いです。

弊所顧客で上記条件に当てはまりそうなお客様には、既に案内にいたしました。


特許事務所の通常のルーチン的なサービスだけでなく、
このように急に法律改正された時などに、
どれだけ小回りが利いて丁寧にご案内できるかが、
弊所のような小事務所が取るべきサービスだと考えております。


お客様の為にアンテナを張り巡らそう!




平成30年3月18日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:00| 日記

2018年03月17日

6-7月の予定が埋まり始めました!



さて、あともう少しで新年度に入りますね。
大学や公的な機関から次年度の非常勤講師やアドバイザーの委嘱状が届き、
講義日程も決まり始めました。

もう既に6-7月の講義日程が決まりました。
私は複数の大学を掛け持ちしているので、講義日程が重ならないようにする
必要があります。

一つの講義科目は、レポート提出時期がどうしても成績評価期限の間際に
なってしまうので、こちらも評価する時間的余裕が足りず大変です。

ですので、他の集中講義にしている科目は、早目に開講し、レポート評価も
早く終わらせたいところです。


また新しい年度が始まります。頑張ります。




平成30年3月17日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:46| 日記

2018年03月14日

今更ながら「遥か」にハマってます。



この時期は、卒業シーズンですね。
卒業式ソングも、ちらほらと耳に入ってきます。

個人的には、昨年の今頃、長女の卒業(小学校)の際に聴いた、
GReeeeN「遥か」に今更ながらにハマってます。
(1年前は、長女のクラスみんなと親で合唱して感動しました。)


最近になってこの歌を聴くと、遠い昔、東京の大学に通うために、自分が実家を
旅立った日の頃のこと(例えば、車窓から見た田舎や東京の風景)が思い出され、
懐かしさや両親の優しさなどを再び感じることができます。



今度、カラオケで歌おうかな。




平成30年3月14日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:31| 日記

2018年03月11日

社長さん達とシュラスコ・パーティ



昨日、三条市で開かれたシュラスコ・パーティに行ってきました!

私と同年代の社長さん達が集まって、楽しく肉を焼いて食べました。

ここに集まる社長さん達は、みんな良い人達ばかりなので、
お声が掛かれば、なるべく(毎回)参加しています。

現場についてみると、今まで見た事がないような大きくて立派なお肉
用意されていました。
IMG_1622.JPG


こんがり焼き目がついてきました。
IMG_1625.JPG



それから一口サイズに薄切りして、あとはお口に入れるだけ。
IMG_1620.JPG



また、今回も新しい社長や専務さん達とお会いできました。
変わった経歴をお持ちの興味深い方もいらっしゃいました。



また、誘っていただきたいです!




平成30年3月11日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 12:22| 日記

2018年03月04日

春の到来



今週末は、大変良いお天気に恵まれました!
あんまりの快晴で、いろんな事をしたくなってしまいました。


1.スキー
土曜日は、今シーズン初のスキーに行ってきました。
もう春スキーでしたね。


2.ひな祭り
夜は、ささやかでしたけど、自宅で「ひな祭りパーティ」を開きました。


3.洗車
日曜日は、朝から車を洗車しました。
今週(明日から平日)は、お客様のところに伺う予定が多く、
1〜2月の大雪で汚くなった車を丸洗いしたかったので丁度良かったです。


4.海沿いランニング
また、日本海沿いのランニングも出来ました。
新川漁港を跨ぐ橋の袂にある道路標識の温度計が、なんと「19℃」
示していました。5月初旬の暖かさでした。


5.クラブ活動(親として)
午後からは、子供のサッカークラブでの倉庫整理(1年に1回の棚卸し)にも
参加しました。


先週やり残しの仕事は余り進みませんでしたが、週末にしか出来ない行事を
積極的かつ精力的に取り組みました



平日はお仕事を頑張るぞ!
よし。





平成30年3月4日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:52| 日記

2018年03月02日

犬と暮らす楽しみ



平昌オリンピックで金メダルを獲得したロシアのザギトワ選手に、
秋田犬が贈呈されるニュースを聞き、とても嬉しく親近感が湧きました。

ザギトワ選手はオリンピック前の調整で、ここ新潟に滞在し、
合宿所で出会った犬(秋田犬)に一目惚れしたと聞きました。


我が家も、少し前に仔犬を飼い始めました。
ザギトワ選手と同じように、その仔犬に一目惚れしました。

飼い始める前は、早朝ランニングも出来ましたが、今は、
「ワンちゃんとのお散歩タイム」になっています。

躾や下(排泄)の世話など少し大変なこともありますが、
それらもひっくるめても楽しい時間を与えてくれる存在です。


大事に責任を持って一緒に生活します



平成30年3月2日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 12:32| 日記

春の嵐の影響



昨日の強風は、まさしく春の嵐でした。

昨日は東京からの来客があったのですが、そのお客様から
「新潟駅に着いたのだけど、越後線が動いていない。」の連絡が入り、
代替手段としてバスでお越しになり、お客様も大変難儀されました。

なんとか打合せも終わりましたが、帰りも越後線は運転見合わせ状態だったので、
新潟駅まで車でお客様をお送りしました。


最近は、雪が降ったり風が吹いたりすると、直ぐに電車が止まってしまうので、
不便ですね。新潟も地下鉄があったら、地上の風雪の影響を受けないだろうに。


平成30年3月2日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:19| 日記

2018年03月01日

ポストが新しくなりました!



先日、事務所の外で、大きな物音(工事音)がしていました。
暫くして覗いてみると、事務所脇の郵便ポストが新しい装いになっていました。


IMG_1611.JPG

以前のポストは、投函口が狭く、定形外封筒(A4が入る)やレターパック等を
入れるのに難儀していましたが、今回のポストは左右の投函口の幅が異なっていて、
右側の投函口に入れれば、すんなり入るようになりました。

なんでも新しくなると、何か気持ち良いですね。

春になるし、洋服か文具か新品を買おうかな。





平成30年3月1日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:00| 日記

2018年02月26日

今日は快晴!



今週最初の出勤日ですが、新潟は良く晴れています。

とても気持ちが良いです。
多分、1月以上の大雪を経験しているだけに。

仕事もサクサク進めよう!


本格的な春の到来が待ち遠しいです。


平成30年2月26日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:59| 日記

2018年02月24日

3月は会合が目白押し!



早、2月もあと数日で終わりですね。
新年に入ってもう2か月間が経過します。あっという間ですね。

来月3月は年度の終わりとあって、報告会、理事会、役員会などの名目の
会合の予定がどんどん入ってきます。
事務所の外へ出る予定日が、今の時点で、8日にもなってしまいました。

明細書作成や出願等の弁理士の本来業務がある中で、ある意味、
ボランティア的ですが、いろんなお役目があるものです。

私は、多くの団体・組織に数多く自ら積極的に参加する方ではありませんが、
一度、入った組織や団体の会合等には、極力参加するように心掛けています。

このような状況ですので、3月も忙しくなりそうだなぁ。
ですけど、また新たに、いろんな方と交流でき、いろんなご縁が広がるのでしょう。
参加するからには、楽しんできます!




平成30年2月24日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 15:59| 日記

2018年02月18日

ナッちゃんに変身しました。



さて、先週末に日本弁理士会北陸支部で主催しました
「地域振興キャラクター北陸サミット」に参加してきました。



ゆるキャラに入るボランティアが足りず、かつ、背も低い方が良いとのことだった
ので、私が中に入ることになりました。
私も、歳も40代後半になって初めて着ぐるみの中に入るという、貴重な経験を
させてもらいました。


私が担当したゆるキャラは、越後長岡イメージキャラクターの
「花火の妖精 ナッちゃん」でした。

IMG_1602.JPG
(写真の掲載については権利者の承諾済み)

長生橋に日本有数の長岡花火をイメージしているとのことだったので、
中に入っている間、ずっと飛び跳ねていました。

また、長岡市のご担当の方から、中に入っているのは通常30分程度が限界だから、
30分程度経過したら途中休憩又は交代しましょうとの事前打合せだったのですが、
金沢駅前で、子供・女子高生等の大勢の方から取り囲まれて写真撮影等に
応じていると、いつの間にか1時間半程度も着ぐるみの中に入っていました。

視界も悪い中で姿勢を低くしながら移動していたのと、着ぐるみの上部を
首だけで固定していたので、終わった後は、首や腰が少し痛くなりました。
着ぐるみに入っている人の大変さが少し判りました。

それでも、子供や学生からの「かわいい〜。」「写真一緒に撮って。」
「握手してください。」と喜んでもらえたので、とても嬉しいひとときと
なりました。



平成30年2月18日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:17| 日記

2018年02月08日

雪道での運転



1月位、大雪雪が続いているのでしょうか。
もう、うんざり状態ですね。

通学・通勤のみで疲れてしまいます。
夏バテならぬ、冬バテですね。

私も、今週、長岡の大学や燕・三条の企業に伺う機会がありましたが、
通常の3倍の時間を掛けての出張でした。

雪道での運転は、神経も使いますし、時折、危険も感じます。
帰宅すると、除雪作業もありますしね。

週末は近くの温泉にでも行って、ゆっくり雪見風呂にでも
浸かりたいです。



皆さん、今週もあと2日、頑張りましょう!


平成30年2月8日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:31| 日記

2018年02月03日

断水復旧の朗報



さて、新潟を含む日本海側の今年の冬は、数十年に一度の大雪に見舞われ、
佐渡市や新潟市西蒲区で水道管凍結による大規模な断水が発生しました。

幸い事務所のある新潟市西区では断水は今のところ起きていませんが、余談を
許さない状況です。ペットボトルの水等をもう少し備蓄しておこうかなと。



このような状況の中、昨日、佐渡のお客様からお電話が入ったので、
先ず、断水の状況を尋ねました。
お客様の地域は特に断水が続いていると新聞記事に書かれていたからです。

そうしましたら、「ようやく復旧した!」とのことでしたので、
そのお返事に、私もホッとし、胸を撫でおろしました。


あと1〜2月の辛抱です。静岡出身で新潟在住の私が言うのもなんですが、
新潟の方は、この厳寒に耐えるからこそ辛抱強い方が多く、春の訪れを
心から祝えるのでしょう。


私も大分、新潟人になったかな。



平成30年2月3日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:38| 日記

2018年01月28日

娘は流行に乗っています。



家の娘は、最近の流行に乗っています。

好きなアイドルグループは、韓国ポップのTWICEとBTS(防弾少年団)らしいです。
娘がうちのテレビやビデオを独占して困っていますが、それだけでなく、
そのメンバーのうち、「この子がカッコいい、カワイイから、見てみて〜。」なんて
なかば強制的にダンスや歌を見せつけられています。


その家の娘が、先週、インフルエンザにもかかりました。
中学校のクラスも学級閉鎖になったということで、まさしく流行に乗っています。


一方、中年の私は、最近の芸能界やファッションに疎いので…。
最近流行のインフルなんてのにも掛からないで欲しい…、
と自分の身体に言い聞かせています。

特に週末は、睡眠を十分にとり、暖かくしておくようにします。
あともう一つ、経験上、
仕事(の期限)などで気が張っていると風邪など引きにくくなるので、
休みの間でも、仕事のことを考えるようにしようかな?! (^_^;)


皆さん、季節柄、お体をご自愛ください。



平成30年1月28日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:42| 日記

2018年01月26日

外国とのコレポン多し!



最近、外国(現地事務所)とのコレポン(コレスポンデンス、文通)が
非常に多いです。ここ数日間だと、メールのやりとりの約7〜8割
外国とのコレポンだったような気がします。
メールの受信トレイには英文のメールばっかりです。

英語での文通ですが、先方に理解してもらえるように文章を短く切ったり、
大事な指示は再度言い換えるなどして伝えるようにしています。

今月中に、今抱えている外国の案件全てに目処がつくように頑張ります。


平成30年1月26日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:52| 日記

2018年01月21日

外国のお客様からのお問合せ!



弊所は、地方(新潟)にある小さな特許事務所ですが、この地で開業して
10年近く経営していると、お客様から様々な経験をさせてもらっています。

新潟のお客様がメインなのですが、たまに県外のお客様からお仕事を依頼されます。
更に極めて稀ですが、外国(アジア)からのお客様からも依頼があったりしました。

つい最近ですが、アジアでは無い遠い国の企業様からも弊所にお問合せがあり、
非常にビックリしました。
(弊所HPの極めて簡単な英文サイトからアクセスされたのかな。)
インターネットは、世界中と繋がっていて誰が見ているか本当に判りませんね。

インターネットを利用して、外国企業も日本の有能な弁理士を探しているんですね。
自分はどうか判りませんが、地方の小事務所の弊所にも問合せをして頂いたことに
感謝です。

本当に依頼になったら、めっちゃイイ仕事を提供するぞ!



平成30年1月21日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:41| 日記

2018年01月13日

お世辞でも嬉しい一言!




最近、弊所では、中途受任(日本の基礎出願は担当せず)で、
外国出願の時点から、
米国や欧州への特許出願の依頼を受けた案件がありました。

受任後、現地代理人の担当者(日本人の翻訳者)とずっとやりとりをしていました。
また、米国特許庁の印紙代の改定(値上げ)も予定されていたので、少し急ぐ必要もありました。


そして、出願への目処がつき、電話で、正式提出の最終指示をした際に、
その担当者の方から、電話口で、下記のような趣旨の誉め言葉を頂きました。
「松浦先生は、日本出願当初から担当していた案件では無いのに、
発明の内容をキチンと把握し、翻訳の内容を一字一句、細かくチェックしていて、
スゴイ(頭が下がる。)! こういう日本の特許事務所は滅多に無い。」



通常は、現地から翻訳などの案を見せても、日本側特許事務所は余り時間を掛けずに
OKを出してしまうことが多いんだそうです。



まぁ、「お世辞だ」と判っていても、こういう言葉は嬉しいですね。
年末年始、一生懸命、翻訳チェックした甲斐がありました。



また、その担当者が作成した当初の翻訳文の出来も良かったと思います。
多分、年齢的には、私の方が上で、先ずは、私の方から、その担当者に
翻訳内容等の出来を褒めなきゃいけないのに、先方から先に言われて、
いい気になってしまいました。(^_^;)


これからも、日本側及び現地側の代理人と立場は違えど、お互いに、
良い所や間違った所を認め合いながら、同じクライアント(出願人)の為に、
良い仕事をし、良い関係を築いていきたい
と考えております。



平成30年1月13日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:42| 日記