2017年10月27日

講演終了! JAFBICの皆さん、ありがとうございました。


さて、先日告知しておりましたJAFBIC様向けの講演会が滞りなく、終了しました。


聴講者の皆さんが、

首都圏の大手食品企業の弁理士さんや知財担当者
(つまり、商標専門の方たちばかり)


ということで、当日まで、大変緊張しておりました。


しかし、研修会の幹事の方々は、

・講師の私を懇親会にも誘って頂いたり、
・名刺交換の時間を作って頂くなど、

 参加者の皆さんと、緊張する私と、の距離を縮めていただき、
 そのホスピタリティに大変感激いたしました。



また、参加者の皆さんも気さくで、積極的に私に声を掛けて頂き、ありがとうございました。




講演終了後は、お世辞でも、
「松浦さんの講演は面白かった! 新潟で頑張ってこられたんですね。」
お褒めの言葉をいただき、少しホッとしました。


同じ知財業界におりますので、この機会を縁に今後も情報交換させて頂きたいです。


なお、これで年末まで講演系の仕事は、あと一つ(大学での集中講義)のみとなりました。

少しでも喜んで頂けるよう、次も頑張ります!



平成29年10月27日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 18:26| 日記

2017年10月22日

風邪(咳)が治らない。



ここ、一週間位前に喉が痛くなってから、本調子でありません。
喉の痛みは治まったものの、咳が断続的に出て、痰切れが悪いです。

平日忙しくしていたら、かかりつけの内科の閉店時間まで到着できず、
診療してもらえませんでした。

こんな状態なので、新潟シティマラソン以降は、ジョギング練習が全く出来ていません。

今シーズン、あともう1回、フルマラソンをエントリーしているので、
早く完全復活して、練習再開したいところです。

週末は、仕事は程々にして、温かくしてゆっくり休むようにします!


平成29年10月22日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 17:25| 日記

2017年10月21日

断捨離と新しいアイテム


最近、なるべく断捨離を実践しています。

今日も自宅の不要な物を見つける作業から始めました。
エクステリアでは、植木鉢、古くなった自転車や一輪車、使い古しのサッカーボール…、
屋根裏部屋からは、壊れたおもちゃ・ぬいぐるみ、布団、衣装ケース、椅子などなど。

そして、これらの物の大半を車で、新潟市の清掃センターに運び込んで、
感謝の念でお別れをしてきました。
少し売れそうな物はブックオフで引き取ってもらいました。

屋根裏部屋等に空きスペースが広がり、煩雑さも減って気持ちがスッキリしました


一方で、新しいアイテムも増えました。

例えば、自前で、指し棒を買っちゃいました。

IMG_1549.JPG


以前から講演依頼が多く、その度に、指し棒を主催者の方にご用意をお願いしていました。

私は、アナログな人間なので、レーザーポインター派では無く、指し棒派です。


その他には、コースターです。

IMG_1548.JPG

IMG_1554.JPG

珪藻土製で水分を吸収してくれるそうです。
先日まで一緒に働いてくれた事務員の方からのプレゼントです。
ありがとうございました。大事に使います!



物を放置しないで、使ったら、あるべき場所に戻し、
定期的に要不要を判断していきます。



平成29年10月21日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 17:07| 日記

2017年10月14日

今年も外国出願が多い!


今年も、外国へ出願したいと希望されるお客様が多いです。
小事務所である弊所では、ある程度の件数まではご希望に応えられるのですが、
それ以上になると一杯一杯の状態になってしまいます。

昨年も多く大変だったのですが、その昨年の件数の2倍近くになるかも知れません。
そろそろお断りしたくなってきましたが、
顧問先やリピートのお客様からとなるとそうも行きません。



外国もできると標榜し過ぎたかな? 

でも、多くの方から頼られるとは嬉しい限り、頑張るしかありません!
(今冬は、正月前後も余り休めないかなぁ。)

頑張ります!


平成29年10月14日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:45| 日記

2017年10月12日

講演資料、完成!


今月も、新潟市で講演会が予定されています。詳細はこちら(JAFBIC)

講演依頼自体は随分前に受けていたのですが、
聴講者の大半が、首都圏の大手食品企業の弁理士さんや知財担当者ということで、
初心者や中小企業社長さんに向けたいつもの講演内容とは大きく変える必要がありました。

そこで、「新潟に関する商標権・著作権にまつわる話」をしようということになりました。
パワーポイントのスライドも、かなり新潟色の強いものとなりました。

聴講者の皆さん、楽しみにしていてください。


平成29年10月12日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 13:03| 日記

2017年10月11日

「魔の10q」を痛感した新潟シティマラソン2017


昨年はエントリーしたにも拘わらず所用で参加できなかった新潟シティマラソンに、
今年ようやく初参加できました。

練習不足に加え、前日の晩まで県外出張していたので、
当日のスタート開始まで凄く不安でした。
ただ、新潟のコースは平坦で気温もそこまで暑くなかったので、
少し気の緩みがありました。

さらに、スタート後も25km位まで、6分/kmのペースだったので、
もしかしたら、自己ベストを更新するかも…、と期待してしまいました。

初心者は「最初は少し抑え目に走るべし」の原則を忘れていたんですね。

そして、27kmを超えた位から、急に脚が動かなく(上がらなく)なり、ペースダウン
残り10km位からは一歩踏みしめる度に腿の筋肉に激痛が走るようになりました。

35kmあたりで、Qちゃん(高橋尚子さん)のハイタッチで元気をもらったものの、
残り3kmでは足が攣りそうになり、ペースも9分/kmに急落してしまいました。

結局、自己ベストから30分近く遅かったです。
自己ベストの場所はもっと起伏が富んだコースだったので、
今回の新潟ではもう少し良い記録が出ると思っていたので、残念です。



ただ、ビッグスワン、万代橋、港トンネル、海岸線、信濃川河川敷と、
風光明媚な新潟市内を駆け抜けることができたのと、
ゴール地点で家族が応援に駆け付けてくれたので、大変、感謝と感動の一日でした。

しかも、帰りは、参加者に配布された新潟市内の銭湯で使える無料券で、
銭湯に入って汗を流してスッキリできました。
(私のお気に入りは、西区内野の旭湯です。)


平成29年10月11日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:30| 日記

2017年10月02日

読書の秋は続く。今度は「楽観主義」。


読書の秋は続いております。

「直虎」の次巻を待っている間に、「楽観主義」に関する導入本を読みました。
その導入本では、キケロセリグマンの教え(考え方)が紹介されていました。


今度、時間を見つけて、これらの著名な楽観主義者の著書に当たりたいです。



読書は良いですね。
心が充足し、品性が磨かれたような気分が得られます。


平成29年10月2日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 22:12| 日記

2017年10月01日

衣替え、完了!


今日から、10月ですね。

平日からは仕事での装いも新たにしなくてはなりませんので、この週末、
衣替えを無事済ませました。

長袖のワイシャツを新調(購入)し、袋を開け、洗濯し(してもらい)、
ハンガーに掛けました。
一方、春夏の間、お世話になった短袖のワイシャツ等については、
心ときめかないものは断捨離を実行し、
名残惜しいものだけ、箪笥にしまい込みました。

気分一新で、10月からも仕事が捗りそうです!


平成29年10月1日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 11:21| 日記

2017年09月30日

またもや、一発特許査定です。


先日、別件で一発特許査定になりましたが、
またもや今回も、一発特許査定となりました。

今月だけで2度目です。
こんなに面白いように特許になって良いのかという感じです。


しかも自分の予想では、これは必ず拒絶理由が来るだろうな…、との心証が
強かった案件ほど、連続して特許査定になってしまっています。

その分、こういう当初の心証の良くない案件では、
わたしは、
必死になって他社先行技術との違いを明確にしながら、
本件の特徴を仕上げるように努めているんですけど、
その甲斐があった(審査官に伝わった)のかなぁ。



2度あることは3度と、連続して特許査定になってくれると、ありがたいです。
合掌。

実は、特許庁からの発送受理の際、発送データ受理の開始から結果が判るまでの間、
毎回手を合わせて朗報を祈っています。



平成29年9月30日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:03| 日記

2017年09月24日

直虎に、ハマっています!



最近、「おんな城主、直虎」にハマっています。



キッカケは、弁理士会の会合で、知人の弁理士さんとの世間話からです。

彼が、NHKの大河ドラマの「直虎」を毎週、見ているそうで、その舞台と
なっている遠江(静岡県西部地方)は、「松浦さんの故郷なんだろうなと
思いながら、大河を見ている。」
と言ってくれたことです。

最近、自宅のテレビは子供に独占されていますし、大河の途中から見ても、
余り面白くないと思ったので、私は、原作の本を読むことにしました。

只今、第2巻が終わりましたので、次の第3巻が楽しみです。

また、本の中で、随所に、私にとっては懐かしい静岡弁(遠州弁)が出てくるのが
面白いです。

武家の直虎等は方言を使わない設定となっていますが、地の百姓たちは、
方言を使いまくりで、著者の森下さんが、静岡で足繫く取材したであろうと、
頭に浮かびます。

また、自分の故郷にあるいくつかの地名は、今川氏の親類の豪族名(例:堀越氏)であったり、
井伊家の遠縁の豪族名(例:貫名氏)であったりと、この機会に勉強になりました。

今度、実家に帰ったときは、舞台となった観光名所等を少し巡りたいです。


平成29年9月24日 新潟市にて

松浦国際特許事務所
弁理士 松浦 康次

posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:47| 日記