2021年07月06日

散髪






先週末に床屋で散髪してもらいました。



「どのぐらいに切りますか?」と尋ねられたので、


「(髪が)耳にかかるくらい」と答えたのですが、


かなりザクザクと切られました。



家内や従業員さんからも「随分とさっぱりしましたね。」と言われました。


確かに、両サイドの髪の毛は5〜6mm程度まで短くなったのではないでしょうか。


全然、耳にも架かってないし、 

ちょっと切り過ぎやないかい、

と言いたくなりましたが、


夏だし、まぁ短いぐらいがいいか


と諦めました。



取り上げるに足りない位の日常茶飯事でした。



令和3(2021)年7月6日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:51| 日記

2021年07月01日

暑中見舞いの準備






今日から7月に入りました。

さすがに日中、暑くなってきましたね。



例年7月になると、弊所では暑中見舞いを作成して顧客へ差し上げています。

つまり、暑中見舞いと年賀状とで年2回、お客様へ書面のご挨拶をしております。

この習慣は開業して13年位、ずっと(なんとか)続けています。



今年の分もデザインとメッセージを決めて、先日、約300枚、注文しました。

そして、今日納品されました。


こんな感じです!

IMG_2726.jpg



メッセージについてはオリンピックやウイルスについても触れたいと思いましたが、先が読めないので、シンプルな内容に留めておきました。



今後はラベルを貼ったり一言を入れたりして、土用が明ける立秋前に全てを投函する予定です。(早ければ、今月中に完了したいです。)




今年も喜んで貰えるか、楽しみです。






令和3(2021)年7月1日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:30| 日記

2021年06月30日

今年1年の折り返し






今日は6月末ですね。今年1年の前半から後半への折り返し点です。


今朝は、従業員さんへの給与のお支払いを第一優先に行いました。
(今期の賞与もいつもどおり払えました。)


売上げが大きく下がらない限りは毎回同じような待遇を提供するつもりです。




後半以降も頑張っていきましょう。




令和3(2021)年6月30日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:44| 日記

2021年06月27日

越後丘陵公園レースは過酷でした。




昨日、越後丘陵公園レース55K 2021に参加しました。
といっても、私はショートの33Kmに出走しました。

55Kは1周11kmを5回、33Kは1周11kmを3回のコースです。
ただ、実際のGPSで計測すると1周12kmでした。



当日は、5:30受付に間に合うように頑張って3時過ぎに起床しました。
当日の気温はどんどんと上がり、最高気温は30℃に到達したんじゃないでしょうか。


コースは、開始早々から435段の階段が待っていました。
それでも、先月の櫛形レースで結構走れたことで自分の体力を過信してしまったかも知れません。最初の1周目を飛ばし過ぎました。


2周目に入ってから大腿四頭筋の筋肉痛が始まり、そのうち、ふくらはぎやハムストリングスの筋肉痛にも悩まされました。要は脚の前も後も全て筋肉痛状態になってしまいました。ほぼ歩くだけの状態に陥りました。
木の根に少し足を取られそうになると一瞬足に力が入りますが、その度にふくらはぎが痙攣する状態になっていました。
まだ、2周目で「既にこんな状態、あと20km近くも残っているのに…」。


3周目に入ると、歩きでも登りがキツくなり、とうとう木の切り株などにしゃがみ込む状態が2〜3回ありました(5-10分は動けなかったかも)。
下りは下りで辛く筋肉が悲鳴、特に下りの階段は一歩一歩下る足(前側太腿)が痛くて痛く仕方ありませんでした。


それに運営スタッフに何度か呼び止められて『重症だね。電解質やジェルがあるから補給して』と立ち止まざるを得ない状態になりました。疲労困憊の顔をした私をみて心配したんでしょうね。



ハプニングはこれだけではありません。

前を走っている選手に続いて「コースアウト」してしまいました。

さらに最後2キロ付近では木の根に引っ掛かり「大転倒」してしまいました。転倒の衝撃でGPSウォッチが事故を検知し『事故です。緊急連絡しますか。』の緊急画面が表示・作動するのを初めて見れました。

転倒時にふくらはぎに力が入り、酷い痙攣状態となり2〜3分動けなくなりました。



それでも、なんとか完走しました。


辛かったのは私だけではありませんでした。
33kmにエントリーした71名中、棄権者は19人(DNF16人、DNS3人)でしたし、55kmに至ってはエントリー45名中完走者は13人と極めて過酷なレースだったと言えます。


今回のレースの総集編はこちらです。
1:45〜にゴールする私が映っています。
大転倒の勲章で腕や腕時計が泥だらけです。(^_^;)



今回の反省点:
1)コースの下見をしなかったこと。
下見をしていればコースアウトやレースペースの失敗を回避できたかも知れません。

2)補給や冷却について
前回の櫛形山脈は寒かったですが、今回は暑くなりました。
水分や補給食の摂取が充分ではなかったかもしれません。また、周回地点で被り水が用意されていたのですが、私は靴が濡れるのが嫌で一回も火照った体に水をかけなかったことも悔やまれます。

3)レースペース
1周目を飛ばしすぎました。多分、7-8割くらいの力(スピード)を出してしまった気がします。序盤は6割以下の走力に抑えておけば、2周目以降の大失速を回避できたかもしれません。

1周目(1〜12km付近)のレースペースは以下のとおり。

 IMG_2724.PNG

10km地点でのラップは6:25でした。明らかに飛ばし過ぎ。




3周目(24km以降)のレースペースは以下のとおり。

IMG_2725.PNG 

25kmと26km地点では1キロになんと20分以上も掛かっています。明らかにオーバーペース後の大失速です。

 

4)テーパリング調整
レース前のテーパリング時期には走行距離を減らしましたが、もっと回数を減らしてその分、ストレッチや筋肉マッサージをしても良かったかもしれません。





トレランはまだまだ奥が深いです。









令和3(2021)年6月27日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 16:41| 日記

2021年06月24日

ウルトラ本を勉強中






トレランは未だ初心者レベルの私は、暇さえあればインターネット等で色々と情報を仕入れています。


しかし何せ昭和生まれなものですから、目に優しい紙媒体で体系的に学べるトレラン本が良いわけです。



図書館では、鏑木毅さん、石川弘樹さん、小川壮太さんや奥宮俊祐さんなど、トップアスリートが著者のトレラン本を次々と読み漁りました。



そんな中で辿り着いたのが『はじめてのウルトラ&トレイルランニング』です。
この本の著者(クリッシー・モール)は、世界の55回のレースで優勝したウルトラトレイルの女性トップランナーです。



本の中身は、「50kmから100マイルまでの初レースに対応」したカスタマイズ自在なトレーニングプランが紹介されています。
具体的には、50kmレース用と、50マイル(80km)用と、100マイル(160km)用とに分けて練習メニュー(約3月前から当日まで)が解説されています。


私の場合は「50kmレース用練習メニュー」を参考にしようかと考えております。



図書館の本だと返却しないといけないので、このウルトラ本を最近購入しました。


しかも、原著(英文)の方です。!


この際、トレラン用語やエクササイズ(筋トレ)用語に関する英語も覚えちゃえ!って訳です。辞書を引き引き少し時間が掛るかも知れませんが、興味あるチャプターをつまみ食い的に読むことにします!





中年オヤジでも、新たなチャレンジは刺激的です!








令和3(2021)年6月24日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:59| 日記

2021年06月23日

柏崎潮風の事務局は偉い!





先月中止になった柏崎潮風ハーフの大会事務局から、またお便りが届きました。


なんと参加費の一部返還の目途がついたそうで、クオカードが入っていました。


本大会は、ウィルス感染拡大を理由に急遽中止になった影響で、既に用意されていた製本済みパンフレットや参加賞が参加予定者に届きました。

さらにオンラインマラソンに変更されましたが、オンラインに参加した人には抽選で特別賞が用意されており、私も当選しました。

そして、今度の通知では、一部返還の連絡で、収入支出等による返還金の算出根拠も明示されていました。中止になった様々な大会を経験してきましたが、当大会事務局の対応は明朗会計かつ参加者利益を優先したものでした。


お見事、あっぱれ!




柏崎潮風は、私にとって今回初のエントリーでしたが、本当に信頼できる大会です。
次も参加したくなるし、皆さんにおススメの大会です。






令和3(2021)年6月23日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 14:47| 日記

2021年06月22日

出湯温泉




先日の阿賀野市への出張帰りに日帰り温泉に立寄りました。

その日の朝はまだ手が掛かる子供のお陰で、用意していたはずの手ぬぐいや石鹸を持たずに出発してしまいました。有り難いことに出張先で手ぬぐい等を頂戴し、最寄りの出湯温泉に到着しました。


出湯温泉の入口(奥の山が五頭山のはず)です。
image4.jpeg



既に晩方になりかけていたので、さっと入っただけでした。



今度は五頭山登山に挑戦し、登った後に汗を流しゆっくりと浸かりたいです。







令和3(2021)年6月22日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 08:53| 日記

2021年06月21日

父の日





昨日は父の日でした。



我が家は毎年母の日や父の日には何か贈るようにしています。家内は家内のお父さんへ、私は静岡の実父へプレゼントを贈りました。


いつから親に毎年贈るようになったんだろうと思いかえすと、多分、結婚して子供ができて自分が親になってからだと思います。





一方、全く予期していなかったのですが、自分の娘が私に父の日のプレゼントをくれました!


日焼け止め用のリップクリームです。

image0.jpeg



ランニングが趣味の私のために、これを選んでくれたそうです。

これからの時期は紫外線が強くなりますし、レースの際にはマスクを外して走ったりするので重宝しそうです。有り難いです。



こうしたちょっとした気持ちって嬉しいですね。







令和3(2021)年6月21日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:18| 日記

2021年06月18日

スマホの功罪




今日は「スマートフォン」について一言。


いわゆるスマホは平成時代に登場し、令和では無くてはならない存在となりました。
都会ではコロナワクチン接種などの予約を取るにもスマホが必要なようですね。

スマホの登場により情報へのアクセスや個人間の情報のやりとりが非常に便利になりましたけれど、このように人々(特に、子供)に与える影響は深刻になっています。


我が子の行動をみてもスマホ依存は深刻です。
スマホを使う時間を上手に管理できる子供なんて一握りではないでしょうか。

少なくともうちの子は出来ていません。




子供の頃、スマホや携帯の無かった我々昭和生まれと比べると、本を読む子も減ったし、本を読む時間や文章を書く時間も格段に減ったんでは無いでしょうか。


また、スマホがあると頻繁に鳴るSNSの着信音などで、一人でゆっくり落ち着く(熟考する)時間も取りづらくなるはずです。
うちの子曰く、SNSでは直接会ったことが無くても、友達なんだそうです。

家庭で黒電話一台しか設置してなかった時代には夜中に電話するなんて大晦日くらいだったのに、今では平日の夜中でも子供同士で簡単に連絡がついてしまいます。


なんか世界が窮屈になってきた気がします。



このデジタル化や情報化の流れを止めることはできませんが、自分の心がそうさせているのでしょうか、私は本(紙媒体)を読んだり、自然に親しむようにしています。





完全に時代と逆行している「オジサンのぼやき」でした。








令和3(2021)年6月18日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 09:18| 日記

2021年06月17日

山頂でアイスクリームは如何?




お客様から知財で保護した新商品が届きました。

IMG_2683.jpg

これ、手動式のアイスクリームメーカーなんです。

この商品は、登山が趣味の社長様が山頂でアイスクリームを食べたいとの欲求が発端になって開発されたものなんです。登山用ザックに入るようコンパクトに設計されています。


使い方は、外側容器には氷と塩を入れ、内側のアルミ製容器には予め用意しておいたアイスクリームの素を入れ、山頂に着いたら10分程、かき混ぜると完成します。

もちろん、山頂だけでなくその他のアウトドアや自宅でも作れます。

IMG_2684.jpg



興味ある方はこちらの商品紹介HPや動画をご覧ください。







最近始めたトレランで山頂に登るようになりましたが、トレラン用ザックに入るかなぁ。

もし同行のトレラン仲間が興味を示したら、山頂で試してみよう!








令和3(2021)年6月17日 新潟市にて

松浦国際特許事務所(新潟市西区)
新潟 弁理士 松浦 康次
posted by 弁理士 松浦 康次 at 10:46| 日記